お問合せ・ご意見・ご感想
子育て支援・コラム

藤川ひろ子スマイルニュース 非常用炊出袋の使い方

  2019年10月20日

見えづらいので、書き写します。

災害時、限られた水を考えるとお米を研がずに袋に入れ(無洗米が役立ちます。)、ボイルして袋のまま配膳でき、食後も洗う必要がない炊出袋は、非常に重宝します。

炊出袋はポリプロピレンで作られています。耐熱性に優れ、臭いや成分を通しません。
ボイル作業の水は、風呂水などでも使用可能です。

お米1合は約150gに相当し1回の食事では約3個のおにぎりが作れます。
炊飯袋では最大で1.5合まで炊くことが可能です。


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る