スマイル・ブログ
2020年 12月 11日

「玉川旅館」動画・VR画像を公開

 本年4月末をもって、多くの市民に惜しまれながら創業100年の歴史に幕を下ろし、解体・撤去が行われた「玉川旅館」。

解体が行われる前に市で記録保存のため撮影した動画・画像が市ホームページで公開されています。

YouTubeで公開されている動画は、「玉川旅館物語 ダイジェスト編」約2分15秒、ナレーションありの「玉川旅館物語 本編」約9分30秒、ナレーションなしの「玉川旅館物語
 資料編
」約16分30秒の3編と館内約90ヶ所を360度VR体験できる画像です。

「玉川」の名は、創業者の父が船橋大神宮の奉納相撲で名乗っていた四股名に由来しており、かつて塩田であった地に大正10年に料亭として創業し、のちに旅館としての営業を開始しました。

昭和初期に建てられた本館・第一別館・第二別館の3棟は国の登録有形文化財となり、第二別館1階の一番奥の「桔梗の間」は、文豪太宰治が宿泊した部屋として伝えられていました。 

2020年 12月 04日

船橋市所蔵品展

2日(水)から23日(水)まで内装が新装された市民ギャラリーで令和2年度船橋市所蔵作品展「椿貞雄と清川コレクション」が開催されています。
(入場無料。午前10時~午後5時。金曜日は午後7時まで)。

今年度は、船橋市が「清川コレクション」を収蔵してから20年の節目を迎えたことを記念し、その中心画家である椿貞雄の生涯と画業、そして、清川コレクションに残された船橋ゆかりの芸術家の作品など約250点を過去最大規模の展示会として紹介します。

学芸員が3年以上にわたり関係者への取材や作品の来歴などの調査研究を続けてきた成果を展示内容でお伝えすると共に約200点におよぶ出品作品の図版をカラーで掲載した図録として一冊にまとめ会場で販売しています。

また毎週金曜日には14時から1時間、学芸員により展覧会の見どころをスライドを使ってご紹介します。

明治から昭和にわたる船橋の美術活動の豊かさを感じていただける市所蔵作品展にぜひ足を運んでください。

2020年 12月 02日

12/3〜12/9は、「障害者週間」です。

コロナ禍の中、障害のある方はご不便な生活を強いられています。

今議会で視覚障害者と聴覚障害者の事を取り上げました。

視覚障害の方は、普段の移動はガイドヘルパーの方を頼まなければならないので、頼みづらい。ソーシャルディスタンスが取りづらいなど。

聴覚障害の方は、マスクを着用しているので、相手の口元の動きが読み取れず、意思疎通に困る。その分情報の入手が遅くなるということでした。

そんなお困り事に対し、少しでも市民の方にご理解頂きたく、12/1の広報ふなばし4面に特集記事が掲載されています。

また、J:COMチャンネル地デジ11チャンネルのふなばしCITYNEWSで障害のある人の「声」を特集してくれます。

12/1〜12/14
毎日正午〜午後0時15分
午後8時〜8時15分 放映

私は、視覚障害者の支援については、ガイドヘルパーの感染防止対策と誘導方法のご協力をお願いしました。

聴覚障害者の支援については、手話通訳者の負担軽減と遠隔手話通訳を実施できるよう、体制の整備をお願いしました。

2020年 11月 30日

先日、夜中12時ご近所の方からのお電話が入りました。
歯茎の出血が止まらず困っている。どこか病院を紹介してもらえないかと!

私は、緊急性を感じ、電話相談できる「ふなばし健康ダイヤル24」の連絡先をお伝えしました。

ふなばし健康ダイヤル24は、最寄りの医療機関や夜間・休日に受診できる医療機関を丁寧にご案内してくださいます。

電話番号 0120-2784-37
年中無休24時間

FAX番号 0120-3066-68
言語・聴覚が不自由な方専用

ご相談の件については、歯医者さんということもあり、「東京医科歯科大学市川総合病院」を紹介され、自家用車で行かれなければ、救急車を呼んでください。」と119番をダイヤルし、指定の病院へ救急搬送していただきました。

通常、内科で有れば、自宅に近い病院を紹介していただいたり、医療のアドバイスを受け、次の日に病院に行ったりします。

参考までに、「救急車利用のポイント」を別紙で添付しますので、参考になさってください。

ふなばし健康ダイヤル24は、とても便利ですので、携帯に番号登録しておいてください。

お知らせ

夜間休日急病診療所は、令和2年6月1日より当面の間、診療時間を短縮および外科診療を休止しています。

住所
船橋市北本町1-16-55
船橋市保健福祉センター1階

電話番号
047-424-2327

診療時間
令和2年6月1日から当面の間

小児科の担当医による診療
月曜日から金曜日
午後8時から午後11時
受付は10時30分まで

土曜日
午後6時から午後9時
受付は午後8時30分まで

日、祝休日、年末年始
午前9時から午後5時
受付は午後8時30分まで

内科・小児科
月曜日から金曜日
土曜日
日・祝休日・年末年始
午後9時から午前0時
受付は午後11時30分まで

上記以外の時間帯については、ふなばし健康ダイヤル24で医療機関を案内します。

フリーダイヤル
0120-2784-37

2784‥ふなばし
37‥みな

2020年 11月 13日

とびはく開館20周年記念巡回展

飛ノ台史跡公園博物館開館20周年記念巡回展「かわる生活様式!? ~船橋の縄文時代早期~」が12月6日(日)まで開催されています。

今回の企画展では縄文時代早期における「生活様式の移り変わり」を船橋市内の遺跡から見ていきます。

縄文時代以前の旧石器時代は、現在よりも寒冷な環境で当時の人々その日の糧を得るために獲物を追いかけて土地を転々とした「遊動」的な生活様式でした。

約1万年前、温暖化が始まると人々はここ船橋を「定住」の地として選び、その生活様式を変えていきました。

縄文時代の暮らしの移り変わりを縄文時代早期を中心とした今回初公開の資料も含めた約100点の資料展示で紹介します。

展示内容がよくわかるパンフレットも無料配布しています。

展示に関する子ども向けのクイズもありますので親子で楽しめる展示になっています。

21日(土)から23日(月・祝)までは無料観覧日ですのでぜひご来館ください。

ふなばし生涯学習チャンネルでも巡回展の内容を紹介しています。

2020年 11月 08日

新しくスマイルニュース第56号が完成しました。

今号から、表紙のページをリニューアルし、内容の紹介を「今回の特集」として入れさせて頂きました。
併せて、自分の写真は小さくさせて頂きました^_^
是非、お手に取ってご覧頂けたら幸いです。

昨日、スマイルニュースをお届けしながら、坪井近隣公園の池に1週間前から白鳥4羽が降りて来ているとお聞きしたので、帰りに寄ってみました。
夕方16:50に駐車場に到着。(閉園は17時)ギリギリセーフ!
池まで行ってみると仲良く優雅に白鳥たちが泳いでいました。
いつまでここにいるかわかりませんが、公園の横を通りましたら、足を止めて白鳥を探してみてください。

帰りは、とても癒された気分で帰ってきました^_^

2020年 11月 06日

船橋産農水産物PRキャンペーン

 毎年11月に、市内外の多くの方に船橋産農水産物の魅力を紹介する「船橋市農水産祭」のイベントは、残念ながら新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、今年度は中止となりました。

今年はイベントに変わり、「船橋市農水産祭」を今後さらに充実させるため、ご意見・ご感想をアンケートで伺い、来年度以降の企画・運営の参考とすることにしました。

そして船橋産農水産物PRキャンペーンとして、アンケートにご回答いただいた方の中から抽選で、合計100名様に、地域団体商標に登録された、「船橋のなし」と「船橋にんじん」などを使用したジェラートや全国水揚げ量NO.1を誇るスズキの漬魚、余り流通しない船橋産こしひかりなど船橋自慢の農水産物をプレゼントします。

さらに惜しくも抽選でもれてしまった方の中から、船橋三番瀬産焼き海苔を100名様にプレゼントします。ご応募は16日(日)までに市のホームページまたは市役所、各出張所等に設置したアンケート回収BOXへ。

2020年 10月 30日

高校生アオハルセミナー

 高校生の皆さんに公民館の講座を体験していただくために夏見公民館主催で市内在住在学の高校生を対象に「高校生アオハルセミナー」を11月7日(土)、14日(土)の2回にわたって午後2時から4時まで開催します。

公民館は学校での学習や受験のための勉強とはひと味違う、好きなことをいつまでも学習し続けることをサポートする施設です。

第1回は自宅から参加してもらうオンラインワークショップ「誰でも小説が書けちゃうショートショート講座」です。

TV番組「情熱大陸」でも紹介されたショートショート作家の田丸雅智氏を講師に迎えて「短くて」「不思議で」「印象的な結末がある」小説、ショートショートの世界を楽しみます。

第2回は夏見公民館に集まって「みんなで振り付けをしてダンス!ダンス!ダンス!」と題しダンスインストラクターの湯淺美津子氏を講師に迎え笑いあふれる楽しいひとときをみんなでワイワイ盛り上がります。

詳しくは市のホームページで。

2020年 10月 28日

先日、令和3年度予算編成に関する要望書を松戸徹船橋市長に提出しました。

市民の皆さまからのご意見・ご要望をもとに公明党として11分野313項目にまとめました。

特に重点項目として市長へご説明したのは、
1、公文書管理条例の制定と公文書の適正管理を行うこと
2、市公式アプリ「ふなっぷ」の積極的活用に努めること
3、ゼロカーボンシティの表明をすること
(気温上昇を2度よりリスクの低い1.5度に抑えるため、2050年までに二酸化炭素の排出量をゼロにすること)
4、8050問題、ダブルケア、高齢者虐待など複合的課題解決のため、住民・民間団体と連携する職員の育成をすること
5、結婚新生活支援事業を導入すること
6、妊産婦等への育児用品等による支援をすること
7、GIGAスクール構想の早期実現に努めること
(GIGAスクール構想とは、義務教育を受ける児童生徒のために、1人1台のPCとネットワーク環境を整備すること)
8、船橋駅南口の市街地再開発事業を積極的にリードすること

これからも安心して住み続けられる船橋市を築くため働いてまいります!

2020年 10月 23日

企画展「調べてみよう!船橋」

 郷土資料館で企画展「調べてみよう!船橋」が12月6日(日)まで開催されています。

コロナ禍の影響で企画展等の開催が自粛されていましたので今回の企画展が本年初となりました。

今回の展示では、船橋市の「農業」「地図・絵図」「伝染病の歴史」の3つのテーマを取り上げています。

テーマの選定にあたっては、郷土資料館利用者や、市立小学校・特別支援学校を対象としたアンケート結果を参考にしています。展示する資料は、郷土資料館の学芸員が、面白い・興味深いと感じた資料ばかりです。

「地図・絵図」のコーナーでは昭和37年に作成された30年後の京葉地帯想像図が展示されており、当時の未来予想図と現在を見比べることができます。

「伝染病の歴史」コーナーでは過去のコレラや赤痢などの伝染病に対する資料が展示されています。

小冊子「調べ方の手引き」が無料配布されており展示の理解にとても役立ちます。

自宅で学芸員とやりとりをして船橋の資料を読み解く「ザイタク船橋調べ隊」の調査結果も同時に展示していますのでどうぞ足を運んでみてください。