お問合せ・ご意見・ご感想
スマイル・ブログ

船橋市の赤ちゃんの名前ランキング発表!

  2019年06月28日

赤ちゃんの名前ランキング

平成30年度に生まれた船橋市の赤ちゃんの名前ランキングが発表されました。

昨年度生まれた船橋市の赤ちゃんは、男子2,524人、女子2,283人の合計4,807人で前年度より129人(男子73人、女子56人)の増加となり9年ぶりに増加となりました。

男子の名前の読みTOP5は、ハルトの51人がトップでその後、ユウト、ソウタ、ハルキ、ヒロトと続きます。

漢字では蓮が17人でトップ、その後、新、大翔、律、航、樹と続きます。

女子の名前では、読みのTOP5がユイの32人がトップ、その後、アカリ、アオイ、サクラ、ツムギと僅差で続きます。

漢字では、美月が16人でトップ、その後を紬、楓、咲良、結菜、陽菜と続きます。

男子のユウトは7年連続の1位、女子のユイは昨年、11年続いた1位から2位になりましたが今年は1位に返り咲きました。

女子の美月、男子の新は昨年のTOP10外からのランクインです。

親御さんの想いがこもった名前をつけられた赤ちゃんがスクスクと育つことを願っています。

*今年の赤ちゃんが9年ぶりに増加したとの報告は大変嬉しいですね!

名前を付けるというのは、関わっている方の思いが込められていますので、赤ちゃんは幸せだと思います。

お子さんが大きくなって、この名前を付けてくれてありがとうと言ってくれたら、万歳ですね!
我が家は、まだ、答えが出ていません(;^_^A

「太宰治と船橋」を開催! 作家太宰治の生誕110年を記念

  2019年06月21日

太宰治と船橋

作家太宰治の生誕110年を記念し、西図書館2階ギャラリーで7月10日(水)まで「太宰治と船橋」を開催しています。

太宰治は津軽の大地主の家に生まれながら、故郷を離れ東京近辺を転々としていましたが、昭和10年から11年の1年3カ月の間を船橋で過ごしています。

太宰治は船橋を、自身の回想記「十五年間」で「私は千葉県船橋町の家がもっとも愛着が深かった」と述べており、転出する際は、もう一晩この家に寝かせてくださいと手放しで泣いたと記しています。

今回の展示では当時の船橋の街並みをパネルで振り返りながら、「晩年」「ダス・ゲマイネ」など船橋時代に執筆された作品を紹介するほか、実践女子大学文芸資料研究所の協力で近年新たに見つかった、太宰が師事した作家・佐藤春夫宛ての書簡が公開される等貴重な資料7点が展示されます。

市内の太宰治ゆかりの地も紹介されますので、展示をご覧になった後は、ぜひ旧宅跡や夾竹桃と文学碑のある中央公民館前、玉川旅館等太宰治の足跡を訪ねてみてください。

東京2020オリンピック聖火リレーのルートに船橋市が選定されました(令和元年6月1日発表)

  2019年06月17日

東京2020オリンピック聖火リレーのルートに船橋市が選定されました(令和元年6月1日発表)

 東京2020オリンピック聖火リレーのルートに船橋市が選定されました。

千葉県内の聖火リレーは令和2年7月2日(木曜日)~4日(土曜日)の3日間で実施され、船橋市は7月4日(土曜日)の最終日となります。
 なお、詳細なオリンピック聖火リレーのルートやランナーの募集などの情報につきましては、今後、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会や千葉県を通じて公表される見込みです。

日時・ルートの概要
1日目
7月2日(木曜日)
木更津市→君津市・富津市→南房総市→いすみ市・一宮町→匝瑳市→山武市
2日目
7月3日(金曜日)
銚子市→旭市→香取市→芝山町→成田市→習志野市・千葉市
3日目
7月4日(土曜日)

浦安市→船橋市(※)→鎌ヶ谷市→我孫子市→柏市→松戸市
※出発:行田公園 → 到着:船橋市保健福祉センター周辺

市長からのコメント
 船橋の子供たちに夢と希望を与えるニュースが届き、大変嬉しく思います。

聖火ランナーの皆さんが船橋のまちを駆け抜けるのを楽しみにし、63万市民と共に56年ぶりとなる東京オリンピックの開催をお祝いしたいと思います。

聖火リレーについて
市としては、多くの方にご参加いただきたいとのことですが、詳細はこれからです。

詳しくは、下記のホームページ及びリンク先ページをご覧ください
「千葉県環境生活部オリンピック・パラリンピック推進局」
この記事についてのお問い合わせ
政策企画課 総務企画係
電話 047-436-2932

ふなばし環境フェア 6月は環境月間です。

  2019年06月07日

ふなばし環境フェア

6月は環境月間です。

今年も「ふなばし環境フェア」が22日(土)10時から16時までふなばし三番瀬海浜公園・環境学習館を会場に開催されます。(雨天決行・入場無料。

今年はフェア当日に配布される案内マップを環境学習館カウンターで提示すると、環境学習館無料入館券がもらえます)

当日は、毎回好評のマイバッグづくり、木こり体験、風車づくり、魚缶釣り教室、貝がら人形づくりなどの工作・体験コーナーや世界のメダカを知ろう、ごみの分別や出し方について考えよう!などの展示コーナー、環境知~るラリー(シールラリー)等が行われます。

実際に干潟に出ての野鳥観察会は、10時半と14時半から、環境学習館スタッフの楽しい解説を聞きながらの干潟探検ミニツアーは12時と13時半から開催されます。

その他アルミ缶を切った「切り折り紙」のアルミ缶クラフト、ヤドカリタルトを作るキッチンワークショップも開催されます。

フードドライブも実施しますのでご協力をお願いいたします。

市民演劇2019 朗読音楽劇 船橋市

  2019年05月30日

市民演劇2019 朗読音楽劇

昨年「ふなふな船橋」の朗読劇を上演し好評を得た市民参加型の演劇、今年は朗読音楽劇へと進化し、10月19日(土)に文化創造館きららホールで上演することが決まりました。

演目は船橋には大変馴染みがあるアンデルセン童話から人魚姫を予定しています。

出演は今回も公募による市民の方だけで朗読だけでなく合唱での参加も加わる予定です。

脚本・演出は原田一樹氏、芸術監督・作曲は和田啓氏が務めます。参加者の募集は6月1日から30日まで。

6月8日(土)11時からきららホールにて説明会が開催されます。

7月21日(日)にオリエンテーションが開催され応募者が多数の場合は、稽古に参加可能な状況をみて参加者を決定する場合があります。

稽古は全部で10回程度、きららホールか市民文化ホールのリハーサル室を使用し3時間程度の内容で8月中旬より開始予定です。

参加費は無料ですが保険代等ご負担いただく場合があります。

詳しいことは市のホームページで随時更新されますのでご確認ください。


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る