お問合せ・ご意見・ご感想
スマイル・ブログ

H21年9月議会の一般質問 スマイルニュース第14号「雨水対策について

  2010年05月15日

(その3) 雨水対策について (8/10 のゲリラ豪雨の被害多発。)

質問1 開発で家が立ち並び流れるはずの雨水が新しく作った調整池に入らず、三咲第1調整池へ流れ、溢れた雨水が調整池を越えて、滝のように三咲川に流れた。三咲第9調整池の機能が不十分なのではないか、グレーチング蓋の適正化も併せて、三咲第9調整池を有効に機能させる為の改善策について、どのように考えているか、点検・検証をお願いしたい。

答弁 *三咲第9調整池については、宅地開発により設置され、市へ帰属されたもの。調整池の雨水流入は、開発区域内道路の側溝より調整池に流入する構造となっている。

しかし、空き地が多く、集中豪雨や台風等の強雨時には、空き地からの土砂や落ち葉等の流出によりグレーチング蓋の集水口が閉塞され、集水ができなくなるとともに、開発区域内道路の勾配があるため、道路上を一時的に雨水が走ることから、下流の三咲第1調整池に流れ込んだものと考えられる。今後、集水口等増設について改善を図っていきたい。

質問2 下水道整備により不要となった浄化槽を一時的な雨水貯留施設として利用できないか。

「浄化槽の雨水貯留施設転用助成」として藤沢市では4万円、豊橋市では改造工事費の3分の2、上限10万円の補助対象となっている。一般家庭用で約1500㍑、バスタブ6杯分に相当する。

答弁 特に大雨の際に下水道や河川への負荷を軽減し、溢水などの防止には有効である。


しかし、槽内の貯留水が少なくなったとき、槽本体が浮上する恐れ・土圧や劣化により側壁部が破壊される恐れがあるなど、再利用しようとする浄化槽の状態の確認が難しいことや十分な維持管理が必要であることから、現在、本市では再利用の推奨はしていない。しかし、今後、先進都市等の事例を参考に検討して参りたい。

H21年9月議会の一般質問 スマイルニュース第14号「障害者支援」について

  2010年05月08日

(その2) 障害者支援について

質問1

 北総育成園の建て替について、22年度に予算計上していただきたいが、いかがお考えか。

答弁

 基本・実施設計及び既存棟の耐震診断のための予算が確保できるよう、検討している。(バリアフリー新棟を現在の建物に隣接する形で建設したい。) 全員、引き続き入所できる。

質問2

 障害者施設の中で、グループホームやケアホームが足りない、世話人の方がなかなか長続きしないなど、この現状に対し、どのように考え、取り組まれるのか。

答弁

 現在、37施設。着実に増えている。(H18年―28施設。H19年―31施設。H20年―35施設)*世話人については、今年4月から職員の待遇改善が図られるよう、福祉サービスの報酬単価の改正や、職員の配置に応じた加算を設けるなどの措置が講じられているので、その効果について期待している。*今後、障害者の地域移行の促進を図る観点から、新規開設に向けての支援を行いたい。

質問3

 保護者の方が抱える将来不安を少しでも軽減するために、より積極的な取り組みを考えるが、自分達で権利擁護センターなどNPO法人を立ち上げたいというとき、行政としての支援をどのように考え、今後、取り組んで行くのか。


答弁

 障害者団体から立ち上げについての相談をいただいており、何ができるか、考えていきたい。*成年後見人制度の支援策については、地域自立支援協議会の権利擁護部会で今年度のテーマとして、取り上げており、協議会の議論を踏まえ検討していきたい。

H21年9月議会の一般質問 スマイルニュース第14号「市有財産の活用」について

  2010年05月08日

(その1) 「市有財産の活用」について

質問1 本市において、自動販売機の使用料を今年の4月から、公募制に切り替え、どのくらいの歳入増が見込まれているのか。

答弁 本庁舎内の8台の貸付料…700万円の見込み。

質問2 市が設置した自動販売機の中で、災害時対応型自販機(災害時に自販機内の飲料水を無料提供)を設置しているところはあるのか。

答弁 本庁舎内―8台中6台。

質問3 庁舎前駐車場の機械化に伴う人件費の削減や1階ロビーに設置されているテレビモニターの広告料など年間、どのくらいの歳入が見込まれているのか。今後、他の施設への展開については、どう考えるか。

答弁 駐車場の貸付収入・駐車場管理委託廃止に伴う歳入の削減で約1440万円。動画広告の広告料で約200万円。 効果が見込まれる施設等への導入について、今後、各施設の財産管理者と協議の上対応していきたい。

沖縄県うるま市の総務部長のコメント。


「自動販売機の問題を通し、市職員がコスト意識に目覚めることで、行財政改革や市民サービスの向上につながるはず」

H21年9月議会の一般質問 スマイルニュース第14号「不正経理について」

  2010年05月08日


 千葉県庁での公務員の不祥事が明らかになり、「船橋は大丈夫なのか」との質問に、部長答弁の中で、 ① 不正経理は、絶対にあってはならないこと。② 書類上の確認と現物の確認をすること。③ 早速、注意喚起を促す文書の通知を出すこと、と約束。

これからもトップが責任感包容力スピード敏感に対処してほしい。

と 要望致しました。

3月20日(金) 父の在宅介護が始まりました。

  2010年03月26日

H20年9月24日 午前6時父が脳梗塞で倒れました。救急車で運ばれ、倒れて3時間以内に効く血栓を溶かす新薬t-PAを投与していただきました。残念ながら、父の詰まった血管が太くあまり効果はみられませんでしたが、一命を取り留めることができ、H21年3月20日無事退院しました。[E:happy01] (新薬t-PAについては、H19年12月議会で質問いたしました。)

 あの元気だった父は、左半身不随になり、要介護5と認定されました。本来でしたら、在宅介護は無理だと言われましたが、母の堅い決意と慈愛で実家に連れて帰って来ることを決めました。

 週5日間のデイサービスとショートステイ、ヘルパーさんの助けを借りながら家族みんなで頑張ることにしました。[E:good]私も夜は、泊まりにいきながら、おむつ替えを行います。今日で6日目、介護されている方達の大変さが分かってきました。頑張ります\(^o^)/


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る