お問合せ・ご意見・ご感想
スマイル・ブログ

H22年6月議会 一般質問 予防医療の観点から、女性特有のがんについて(スマイルニュース第18号より)

  2010年08月18日

(その2) 予防医療の観点から、女性特有のがんについて

 2007年10月、浜四津代表代行が国会で初めて子宮頸がんワクチンの早期承認を訴え、2009年10月に承認され、12月から販売が始まっている。09年度には、乳がん・子宮頸がん検診の無料クーポン券の配布を実現し、検診受診率の向上に貢献。今年度も無料クーポンの継続や各市でワクチン接種への公費助成の動きも広がっており、この予防措置を国の責任で強力に進めるために、公明党はワクチン接種と定期的な検診を公費で推進することを柱とした「子宮頸がん予防法案」を参院に提出した。  質問①  船橋市内で、残念ながら、子宮頸がんで命を落とされた方の人数、ここ数年の経緯を伺う。答弁 船橋市保健所事業年報…子宮がん全体として、H18年―19名・H19年―22名・H20年―30名。

質問②

 他市が国に先行して、予防ワクチンの公費助成の決断をされている中、ワクチン接種を前向きに検討していただくことはできないのか。また、全額公費負担ができなくても、任意でワクチン接種を受ける方の負担軽減できるよう、一部公費助成を考えていただく事はできないのか、伺う。

答弁 予防接種の公費負担は予防接種法等に規定されることを前提に実施している。予防接種の安全性が確認され、予防対象疾患の重篤性、発生頻度、費用対効果等について国において法定接種として、市役所が実施すべきとの位置づけが明確になり、かつ、万一予防接種による健康被害が生じた場合に予防接種法上の救済措置がとられることとが必要。

子宮頸がん予防ワクチンについても、昨年12月に販売開始されたばかりで、わが国における状況を見極めることが必要と考える。また、感染症対策として実施すべきか、がん対策の一環として実施すべきか、その位置づけについても整理が必要と考えている。

今後については、助成自治体の動向や国からの最新の情報を集めながら、慎重に検討していく。

H22年6月議会 一般質問 認知症支援について(スマイルニュース第18号より)

  2010年08月15日

H22年6月議会の報告のチラシが出来ました。

目にする機会がありましたら、是非、ご覧になってください(◎´∀`)ノ

引き続き、ブログにも掲載させていただきますm(_ _)m

(その1) 認知症支援について

脳血管型にしても、アルツハイマー型にしても、認知症の予防が最重要である。しかし、発症の完全予防はむずかしく、早期発見による早期治療と進行を遅らせることが認知症の大きなテーマである。

質問①

「ある程度の予防や原因によって、早期発見・対処」するためには、医療との連携が必要だと考えるが、どのような対策を考えているのか、見解を伺う。

答弁 昨年4月より船橋市医師会の主催で、市、船橋市介護支援専門協議会、認知症の人と家族の会等、関係者が集まり「船橋市認知症ネットワーク研究会」が設立され、市内医療機関に対し認知症に関する調査が実施された。現在、認知症の早期発見・対処など必要な方に適切な医療情報が提供できるよう調整を行っている。今後とも認知症ネットワーク研究会を中心に医療機関との連携を図っていきたい。

質問②

 市が行う各種の介護プログラム以外に、ボランテイア活動に対する支援や取り組んでいる状況について、伺う。

答弁 地域支援について…地区社会福祉協議会やボランテイア団体の方々に、21年度、運動器・口腔機能の向上や栄養改善、及び認知症に関する専門的な基礎知識を習得していただく、「地域介護予防活動支援事業」を2回開催し、市内の地区社会福祉協議会等8団体から31人の方に受講していただいた。

 今年度は、回数を5回に増やし、多くの指導者が、介護予防事業に取り組んでいけるよう努めていく。

H22年3月議会 一般質問 ファミリーサポートセンターについて(スマイルニュース第17号より)

  2010年08月13日

(その7) ファミリーサポートセンターについて 

質問①

 利用会員の増大に比べ、協力会員が増えない理由をどのように検証しているのか、伺う。 

答弁

 1、保育園や幼稚園の送り迎えで、朝夕の2回の援助になること。

   2、1 時間当たりの報酬が700円であること。                                        

   3、会員相互の信頼関係に基づく援助になることから、協力会員の負担感があるものと考えられる。

質問②

 他の事業やサービスにない、ファミリーサポートセンターだからできる支援というものをどのように検証されているのか、伺う。

答弁

 延長保育終了後、送り迎えのサポートを会員相互で援助すること。

質問③

 H21年度から国が病児・緊急対応強化モデル事業を行っているが、本市に対応できる施設はあるのか、伺う。     答弁 医療機関2箇所・保育所1箇所で病児・病後児保育事業を実施している。

H22年3月議会 一般質問 道路の点検・整備について(スマイルニュース第17号より)

  2010年08月11日

(その6) 道路の点検・整備について (3月10日現在)

質問①

 緊急雇用創出事業のカーブミラー等の総点検について、どのような成果があがったのか、伺う。

答弁

 緊急雇用者 7名と請負業者の社員 1名で実施。

  *カーブミラー4098基中3989基(進捗率97%)の調査・点検が終了し、危険箇所3基を改修した。

  *道路照明灯1343基中1273基(進捗率94%)の調査・点検を終了し、緊急改修の報告はなし。

  *成果…危険箇所の早期発見、施設台帳の作成・履歴を残すことにより、今後の補修を計画的に

実施し、安全管理に反映させられる。

H22年3月議会 一般質問 認知症にやさしい街づくりについて(スマイルニュース第17号より)

  2010年08月09日

(その5) 認知症にやさしい街づくりについて

65歳未満で発症する「若年性認知症」、感性やプライド、体力を保ったまま、知力だけが低下していく。

質問①

 若年性認知症の対策は、国でもまだ始まったばかりだが、10万人の中に47,6人は若年性認知症の疑いがあるといわれている。市としても、認知症と併せて、市民一人ひとりに正しい若年性認知症の理解を広げていくことが、必要ではないかと考えるが、市の取り組み状況を伺う。

答弁 国でも誰もが気軽に相談でき、専門的な支援機関に結び付けられるよう、昨年10月に「若年性認知症コールセンター」を1箇所開設したところである。

船橋市においても、認知症サポーター養成講座等を活用して若年性認知症の周知に努めてまいりたい。


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る