お問合せ・ご意見・ご感想
スマイル・ブログ

H21年3月議会の一般質問より 介護対策について② スマイルニュース第13号より

  2009年05月04日

質問⑦ 市として、介護サポーター制度を取り入れていただくことはできないか。市の見解を伺う。

「介護サポーター制度」…65歳以上の高齢者が介護施設などでボランテイアを行った場合に換金可能なポイントを付与する制度。

目的…同制度は、高齢者が介護ボランティアを通じて、地域社会に参加すること

で生きがいを持ち、介護予防につなげること。

答弁 国の示す現行の介護保険制度の地域支援事業として実施するには、将来的に財源を確保していくことが難しいため、本市での導入は、現行制度の中では困難である。

質問⑧ 介護サポーター制度に代わるものを、市として、何か考えているのか。

答弁 在宅における家事支援や施設での環境整備の支援について、有償のボランティアとして活動して

いただく仕組みを検討している。更に、制度として構築できるよう研究してまいりたい。

H21年3月議会の一般質問より 介護対策について スマイルニュース第13号より

  2009年05月04日


(その1) 介護対策について

*「在宅重視」を掲げて2000年に始まった介護保険制度は、この4月に10年を迎える。

介護人材の確保を目指して、介護サービスの公定価格である介護報酬が増額される。

通報…24時間の通報体制を整えた事務所に報酬が加算される。

質問① 介護報酬の改定をきっかけに、どのようなサービスが期待されるのか、伺う。

答弁 報酬が加算される…認知症の利用者を処遇する場合。リハビリテーションを実施した場合。

地域密着型サービスの「小規模多機能型居宅介護」を新規に立ち上げた場合。

医療…訪問看護士が看取りを行った場合、1時間半を超える訪問、2人で訪問した場合、報酬が加算される。

質問② 訪問看護の本市の実態と課題を伺う。

 答弁 「需要はあるが、看護師確保が困難」。 2事業所が減り、現在18事業所。

経営上の理由…訪問看護の利用者は、入院等の理由で、利用者数が安定しない。

        医療との連携強化のため、

利用者の入退院時にケアマネージャーが医師らと

情報交換を行うと、ケアマネージャーの報酬が加算される。

質問③ ケアマネージャーと医師との連携の部分で今後の方向性を伺う。

答弁 医療との連携が新たに加算されるので、今後はより連携が進む。

        リハビリテーションの分野でも、在宅生活を支えるメニューが強化された。

    通所リハビリに、短時間、集中的なサービスを受けられる。

    認知症の症状を和らげる短期集中リハビリも設けられるようになった。

    課題…介護職員の確保と定着をどうするか。

質問④ 今回の改定で3%の報酬アップが決まったが、介護職員の確保と定着に繋がるのかどうか。

 答弁 *昨年10月「介護従事者の処遇改善のための緊急対策」が取りまとめられ、介護従事者処遇改善のため次期介護報酬の3%引き上げ。その他介護人材等の緊急確保対策を盛込んだ。今後はこれらの施策が次々と実施され、その他の一般雇用対策も同時に実施される事から、その効果に期待している。

        在宅介護を受ける際の利用料…現在、1割の自己負担、限度額を超えた分は全額自己負担。

質問⑤ 本市の新たな介護保険料は、今後どのようになるのか、伺う。

答弁 基準月額3700円→3840円 (140円増える。)

 

質問⑥ 報酬改定の利用者への影響を伺う。

 答弁 ・介護サービス…利用者負担もプラス3%の増加が見込まれるが、介護従事者の人材の確保が改善され、将来的に適切なサービスの質・量が確保され利用者に還元される。

プレミアム商品券 発行

  2009年04月28日

 船橋市商店連合会は、定額給付金の支給に合わせて、地元消費の拡大や商店街の活性化を図るための事業として、プレミアム商品券を発行することとしました。

名称…ふなばしダブルプレミアム商品券

販売金額…1冊1万円×3万冊

内訳…500円券×23枚+抽選券1枚 計24枚綴り (1500円お得 1人3冊まで)

販売場所…東部・二和・高根台・小室の各公民館、習志野台・西船の各出張所、下総中山消防会館、、東武百貨店・西武百貨店、イトーヨーカ堂を予定

使用期間…H21,5/30~10/31

取扱店…市内全商業者(取扱店の登録必要)

とても 楽しみです。抽選券も1万円相当の物が当たるとも伺っています。ダブルの楽しみがあります。昨年より、市長へ公明党として要望しておりました。        

定額給付金・子育て応援特別手当 申請書が4月13日に発送!

  2009年04月14日

[E:smile]国民の生活を支援し、地域の経済を活性化させるための「定額給付金」と、幼児期の子育て家庭を応援するための「子育て応援特別手当」。

船橋市では、4月13日発送され、「申請書が届きました。」という喜びの声を聞きました。我が家にも届いていましたので、「何を買おうか」と話しましたら、それぞれ「お小遣いにしたい」と言っておりました。日頃家族に助けられていますので了解することにしました。(o^-^o)

申請書類は、口座番号を記入し、印を押した申請書と世帯主の運転免許証や健康保険証などのコピーを返信用封筒に入れて、ポストに投函してください。

5月12日から指定した金融機関の口座に振り込まれます。

お問い合わせは、コールセンター[E:telephone]047-436-2192へ 

H20年6月議会 環境家計簿についての一般質問 スマイルニュース10号から

  2009年03月26日

 地球温暖化対策について

「船橋市地球温暖化対策地域推進計画」の中から
* 温暖化は、私たちの予想をはるかに越えるスピードで進行している。 * 平均気温の上昇を2度未満に抑制する。
* 温室効果ガスの大幅な削減に向けて、直ちに行動を開始する。
* 温暖化防止の鍵は、私たち市民自身が握っている。

(質問) 環境家計簿の実施など各家庭での意識啓発のための周知は。
(答弁) 出前講座において環境省の作った環境家計簿の掲載されたパンフレットを活用し、環境新聞「エコふなばし」・環境フェアーを通じてPR。(船橋独自のものは、なかった。)

(質問) 洞爺湖サミットが行われる7月7日に短時間でも明かりを消す「ライトダウン運動」に参加しても良いのではないか。
(答弁) 7/1号の広報「ふなばし」に協力の掲載(早速、広報に「ライトダウン運動」のお知らせを載せてくれた。)とホームページ。

(質問) 温室効果ガス排出量を測定し、検証することも必要だと思うが。
(答弁) 電気、都市ガス、廃棄物について測定し、効果を確認する。

(質問) 省エネルギーや省資源に成功した市民や事業者に対して表彰するような考えはあるか。
(答弁) 地域協議会の中で表彰制度のあり方を検討し、進めていく。


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る