お問合せ・ご意見・ご感想
スマイル・ブログ

プレミアム商品券 発行

  2009年04月28日

 船橋市商店連合会は、定額給付金の支給に合わせて、地元消費の拡大や商店街の活性化を図るための事業として、プレミアム商品券を発行することとしました。

名称…ふなばしダブルプレミアム商品券

販売金額…1冊1万円×3万冊

内訳…500円券×23枚+抽選券1枚 計24枚綴り (1500円お得 1人3冊まで)

販売場所…東部・二和・高根台・小室の各公民館、習志野台・西船の各出張所、下総中山消防会館、、東武百貨店・西武百貨店、イトーヨーカ堂を予定

使用期間…H21,5/30~10/31

取扱店…市内全商業者(取扱店の登録必要)

とても 楽しみです。抽選券も1万円相当の物が当たるとも伺っています。ダブルの楽しみがあります。昨年より、市長へ公明党として要望しておりました。        

定額給付金・子育て応援特別手当 申請書が4月13日に発送!

  2009年04月14日

[E:smile]国民の生活を支援し、地域の経済を活性化させるための「定額給付金」と、幼児期の子育て家庭を応援するための「子育て応援特別手当」。

船橋市では、4月13日発送され、「申請書が届きました。」という喜びの声を聞きました。我が家にも届いていましたので、「何を買おうか」と話しましたら、それぞれ「お小遣いにしたい」と言っておりました。日頃家族に助けられていますので了解することにしました。(o^-^o)

申請書類は、口座番号を記入し、印を押した申請書と世帯主の運転免許証や健康保険証などのコピーを返信用封筒に入れて、ポストに投函してください。

5月12日から指定した金融機関の口座に振り込まれます。

お問い合わせは、コールセンター[E:telephone]047-436-2192へ 

H20年6月議会 環境家計簿についての一般質問 スマイルニュース10号から

  2009年03月26日

 地球温暖化対策について

「船橋市地球温暖化対策地域推進計画」の中から
* 温暖化は、私たちの予想をはるかに越えるスピードで進行している。 * 平均気温の上昇を2度未満に抑制する。
* 温室効果ガスの大幅な削減に向けて、直ちに行動を開始する。
* 温暖化防止の鍵は、私たち市民自身が握っている。

(質問) 環境家計簿の実施など各家庭での意識啓発のための周知は。
(答弁) 出前講座において環境省の作った環境家計簿の掲載されたパンフレットを活用し、環境新聞「エコふなばし」・環境フェアーを通じてPR。(船橋独自のものは、なかった。)

(質問) 洞爺湖サミットが行われる7月7日に短時間でも明かりを消す「ライトダウン運動」に参加しても良いのではないか。
(答弁) 7/1号の広報「ふなばし」に協力の掲載(早速、広報に「ライトダウン運動」のお知らせを載せてくれた。)とホームページ。

(質問) 温室効果ガス排出量を測定し、検証することも必要だと思うが。
(答弁) 電気、都市ガス、廃棄物について測定し、効果を確認する。

(質問) 省エネルギーや省資源に成功した市民や事業者に対して表彰するような考えはあるか。
(答弁) 地域協議会の中で表彰制度のあり方を検討し、進めていく。

スマイルニュース第7号から 脳梗塞治療の新薬(t-PA)について

  2009年03月26日

脳梗塞治療の新薬(t-PA)について

◆ 脳梗塞は、脳細胞に栄養や酸素が送られないと細胞が死に、半身麻痺などの後遺症や死亡につながるといわれている。

 その治療について。
(質問) 医療センターでは、脳梗塞治療の新薬(t-PA)の導入されているのか、伺う。 
(答弁) 脳梗塞治療の新薬(t-PA)アルテプラーゼは、血管に詰まった血栓を溶かし、血流を再開させるための脳梗塞の治療薬として、厚生労働省よりH17年10月保険薬剤として認可がおり、医療センターでもH17年11月より導入した。

(質問)患者さんへの使用条件について、伺う。
(答弁) 患者さんへの使用条件は、厳しい条件をクリアした患者さんのみ受けられる。例えば、

①発症時刻確認後3時間以内に治療開始できること。

②脳卒中の診断・既往症・内服薬の確認・CTやMRIの診断など。(医療センターでは、二年間の間で救急入院した脳梗塞の患者さん339人のうち 4人に適応。)

(質問) また、後遺症や社会復帰への可能性について、伺う。
(答弁) 後遺症は、脳出血の合併症が起こる危険がある。
  

 社会復帰への可能性は、日本では、37%の方が障害のない状態まで回復。医療センターでも3人は、回復して退院して通常の生活をしている。もう一人は、現在治療中。かなり効果の高いものと判断する。

2008年12月 船橋市作成の環境家計簿完成

  2009年03月26日

 H20年6月議会で環境家計簿の必要性を訴えた所、2009年度版 初級編 「ふなばしエコノート」を作って下さいました。 

 これまでにも、10年くらい前から、先輩議員が訴えて下さっていたこともあり、初めて形になりました。

 要望していたことが形になるのは、とても嬉しいことです。先輩が「藤川さんが議会で質問したから、環境家計簿作ってくれたよ!!」(v^ー゜)ヤッタネ!! と教えて下さいました。感謝です[E:shine]

 私も、「ふなばしエコノート」を活用し、家庭での地球温暖化対策を行い、「どれくらい効果が出ているのか」を知り、地球にもお財布にもやさしい生活を始めてみたいと思います。

 あなたも一緒に始めてみませんか?


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る