お問合せ・ご意見・ご感想
スマイル・ブログ

スマイルニュース第7号から 脳梗塞治療の新薬(t-PA)について

  2009年03月26日

脳梗塞治療の新薬(t-PA)について

◆ 脳梗塞は、脳細胞に栄養や酸素が送られないと細胞が死に、半身麻痺などの後遺症や死亡につながるといわれている。

 その治療について。
(質問) 医療センターでは、脳梗塞治療の新薬(t-PA)の導入されているのか、伺う。 
(答弁) 脳梗塞治療の新薬(t-PA)アルテプラーゼは、血管に詰まった血栓を溶かし、血流を再開させるための脳梗塞の治療薬として、厚生労働省よりH17年10月保険薬剤として認可がおり、医療センターでもH17年11月より導入した。

(質問)患者さんへの使用条件について、伺う。
(答弁) 患者さんへの使用条件は、厳しい条件をクリアした患者さんのみ受けられる。例えば、

①発症時刻確認後3時間以内に治療開始できること。

②脳卒中の診断・既往症・内服薬の確認・CTやMRIの診断など。(医療センターでは、二年間の間で救急入院した脳梗塞の患者さん339人のうち 4人に適応。)

(質問) また、後遺症や社会復帰への可能性について、伺う。
(答弁) 後遺症は、脳出血の合併症が起こる危険がある。
  

 社会復帰への可能性は、日本では、37%の方が障害のない状態まで回復。医療センターでも3人は、回復して退院して通常の生活をしている。もう一人は、現在治療中。かなり効果の高いものと判断する。

2008年12月 船橋市作成の環境家計簿完成

  2009年03月26日

 H20年6月議会で環境家計簿の必要性を訴えた所、2009年度版 初級編 「ふなばしエコノート」を作って下さいました。 

 これまでにも、10年くらい前から、先輩議員が訴えて下さっていたこともあり、初めて形になりました。

 要望していたことが形になるのは、とても嬉しいことです。先輩が「藤川さんが議会で質問したから、環境家計簿作ってくれたよ!!」(v^ー゜)ヤッタネ!! と教えて下さいました。感謝です[E:shine]

 私も、「ふなばしエコノート」を活用し、家庭での地球温暖化対策を行い、「どれくらい効果が出ているのか」を知り、地球にもお財布にもやさしい生活を始めてみたいと思います。

 あなたも一緒に始めてみませんか?

3月12日 3月議会一般質問に登壇

  2009年03月26日

 3月12日 3月議会一般質問に5番目に登壇しました。当選してから8回目(◎´∀`)ノ 回を重ねるごとにココは、こうすれば良いのかと分かってきました。これからもアンテナをピンと張り巡らせて問題提起をしてまいりたいと思います。[E:coldsweats01]

今回は、①介護対策について、伺いました。介護人材の確保を目指して、介護報酬の初の増額改定が決まりましたので、市のお考えを聞いてみました。

②女性支援について、伺いました。働きながら、子育てしているママ達の支援を色々な角度から聞いてみました。

③防災対策について、伺いました。市の防災体制や防災に対する公園整備がどのようにされているか聞いてみました。

後日、スマイルニュースにまとめましたら、掲載させていただきます。\(^o^)/

ひとこと…母の笑顔は、心の花束 スマイルニュース12号より

  2009年03月17日

 (^○^)  ひとこと…母の笑顔は、心の花束  (^○^)
*「子どもは、母親の顔の印象にとても敏感。どのような問題を抱えているお子さんであれ、親子関係を豊かにする決め手は、母親の笑顔にある。そのためにも、お子さんに関わる理解者を少しずつ増やしながら、優れた部分を伸ばしてあげられるような環境をつくっていただきたい。
*そして、障害のある・なしに関わらず、お子さんの優れた面と苦手な面を、周囲が知り、特に、子どもの土台を築く小学生は大切な時期なので、最良の教育が与えられるようお願いしたい。そして、親が身近な場所で適切な助言が受けられるように、研修を受けた先生方を輩出し、身近な専門家として、親の力になっていただきたい。」と要望いたしました。

H20年12月議会 一般質問 若者支援について スマイルニュース12号より

  2009年03月17日

(その4) 若者支援について
・全国の引きこもり人口は100万人を越え、30~34歳が44%と全体の半数近くを占めている。
・引きこもった原因は、職場不適応が28%、就職活動の不調が13%など就労に関するつまずきが多かったほか、人間関係の不信が22%、不登校は19%など、が目立つ。

質問① 船橋市として「引きこもり状態の方」が保健所に相談に見えた時の相談後のフォローを伺う。
答弁 ・精神疾患が現れているケースは、専門医療機関を紹介し、医療へつなげるとともに、必要に応じて
訪問し、継続的に関わる。
・就労支援にかかる相談は、職業安定所を含めてジョブカフェ、地域若者サポートステーションなどを紹介している。
・厚生労働省の委託事業である「地域若者サポートステーション」は、「仕事をしていたが長く続かない」、「職場での人間関係がうまくできない」「警戒心が強く、社会的適応ができない」、「子どもが仕事に就かないでいることが心配だ」など「専門の臨床心理士」がカウンセリングを行い、働くことに対する自信や意欲が持てるように、職業的自立を支援し、55件の就業に結びついている。 

「ジョブカフェちば」では、カウンセラーによる概要説明やジョブカフェ見学会などを通じて、「ちば地域
若者サポートステーション」との交流を進め、円滑に就労の支援ができる体制を構築している。


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る