お問合せ・ご意見・ご感想
スマイル・ブログ

漫画「フナゲン☆コレ! ~船橋の現状とこれから~」

  2018年08月02日

フナゲン☆コレ!タイトルが面白い。意味が分かりにくいですが…

市立船橋高校美術部の生徒が昨年3月に策定した「船橋市公共施設等総合管理計画」について,市民の皆さんにご理解いただくためを制作しました。

制作にあたっては、計画の趣旨を伝えるのみで高校生が考える「船橋の現状とこれから」という視点で、イラストだけではなく、タイトルやストーリー構成、そしてセリフについて考えてもらいました。

高校生の目線で描くことによって、なじみの薄いこの計画がわかりやすく知っていただける内容になっています。

作品は市のホームページで公開している他、各公民館、出張所、図書館、フェイスビル5階、市役所9階の財産管理課にてご覧いただけます。

また閲覧場所ではA5サイズに縮小した冊子の配布も行っています。

計画の中で問題になっているのは老朽化、お金、人口の3つ、高校生はどのような視点でこの現状と船橋のこれからを描いてるのでしょうか。

*是非、ご覧になってください。

2018.7.29 ふなばしメグスパでフードドライブ

  2018年07月26日

ふなばしメグスパでフードドライブ

29日(日)にふなばしメグスパで開催される夏祭りの会場でフードドライブが実施されます.
受付は11時から18時まで

フードドライブは「家庭で余っている食べ物を持ち寄り、まとめて地域の福祉団体や施設、フードバンクへ寄付する活動」です。

今回ご寄付をお願いするのは、穀類(お米・麺類・小麦粉等)、保存食品(缶詰・瓶詰等)、インスタント食品・レトルト食品、乾物(のり・豆等)、菓子類、飲料(ジュース・コヒー・お茶等)、調味料各種・食用油、ギフトパック(お歳暮・お中元等)です。

お持ちいただく際は賞味期限が明記されていて2ヶ月以上あるもの、常温で保存が可能なもの、未開封であるもの、破損で中身が出ていないものであることをご確認ください。

お米は前年度産まででアルコール類は受け付けておりません。

ご提供いただいた食品はフードバンクふなばしへ寄付させていただきます。

皆さまのご協力をお願いいたします。

*私も立ち寄ってみたいと思います。

船橋市 電話de詐欺被害非常事態宣言

  2018年07月16日

電話de詐欺被害非常事態宣言!
船橋市内で深刻な『電話de詐欺』(振り込め詐欺等)被害が相次いでいます!
船橋市長、船橋警察署長、船橋東警察署長の連名による「電話de詐欺非常事態宣言」を行いました。

5月末現在、平成30年の市内の被害件数は「千葉県内ワースト1位」の86件となっており、被害額は約1億4千万円にのぼるなど、莫大な被害が発生しています。

これは昨年1年間の被害件数193件、被害額約2億8千万円を上回るペースであり、深刻な事態です。

電話 de 詐欺は、一部の不注意な人が被害に遭っているのではありません。

次々に考え出される巧妙な手口により、誰もが騙される危険があることを意識し、私たち一人ひとりが備えをしておくことが大切です。

市では「チーム船橋」として、一丸となって、関係機関・団体と連携し被害の撲滅に向けに高齢者の方への集中的な啓発を行う等、この卑劣な犯罪に全力で立ち向かいます。

*私も議会で取り上げていますが、対策を取っても手口がどんどん進化します。
かなりの上手ですので、家族団結して、合言葉など決めて、詐欺に引っかからないように 注意してください!

船橋市危険コンクリートブロック塀等撤去助成事業補助金

  2018年07月09日

船橋市危険コンクリートブロック塀等撤去助成事業補助金のご紹介

船橋市には、被災時にも安全に道路を通行できるように、道路に面し地震時に倒壊する恐れのある、危険なコンクリートブロック塀などを撤去する助成制度を設けています。

該当する方は、この機会にご活用ください!

~船橋市危険コンクリートブロック塀等撤去助成事業補助金~

過去の地震において、地震時に道路に面したブロック塀が倒壊し、通行人に危害が及んだり避難の妨げになる事例が発生しています。
市では、被災時にも安全に道路を通行できるように、道路に面し地震時に倒壊する恐れのある、危険なコンクリートブロック塀などを撤去する際の助成制度を設けています。

●助成対象工事

道路に面し高さが1mを超える、市長が危険と判断したコンクリートブロック塀等重量のある塀の撤去

●助成対象者

危険ブロック塀等を所有する者(下記の場合を除きます)
1.市税等を滞納している者
2.当該危険ブロック塀等が設置されている敷地で、すでにこの事業及び趣旨が同様並びに類似するものに基づいて補助金の交付を受けたことがある者等
3.販売を目的として整地や建物解体工事をする際に危険ブロック塀等を撤去する者
4.自己が所有するものを自ら撤去する者
5.危険ブロック塀等を法人等が所有する場合

●助成額
1.ブロック塀等の長さ1メートル当たり10,000円まで
2.上記かつ、一つの補助あたり100,000円まで

●手続きについて

「船橋市危険コンクリートブロック塀等撤去助成金事前相談書」にご記入の上、現況図や写真など必要書類をそろえて、ご相談してください。
事前相談の受け付けは毎年10月末日まで
本申請の受け付けは毎年11月末日までです。

*詳しくは、建築指導課へ 

ブロック塀のチェックポイントについて

  2018年07月02日

平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震において、ブロック塀の倒壊により尊い命が失われました。

わが家のそして、地域の通学路の点検を自分自身もしてみませんか?

既設のブロック塀の安全点検については以下を参考としてください。

建築物の既設の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検について
         (2018年6月21日 国土交通省報道発表)を参考

ブロック塀のチェックポイント
1、塀は高すぎないか。
  塀の高さは地盤から2.2m以下

2、塀の厚さは十分か。
  塀の厚さは10cm以上

3、控え壁はあるか。
  塀の長さが3.4m以下ごとに、塀の高さの1/5以上突出した控え壁があるか。

4、基礎があるか。
  コンクリートの基礎があるか。

5、塀は健全か。
  塀に傾き、ひび割れはしないか。

6、塀に鉄筋は入っているか。
  塀の中に直径9mm以上の鉄筋が、縦横とも80cm間隔以下で配筋されているか。
  基礎の根入れ深さは30cm以上か。

*敷地内にあるブロック塀について、点検のチェックポイントを参考とし、安全性を確認してみましょう。

安全点検を行った結果、危険性が確認された場合には撤去等が必要となります。

また、倒壊等による被害を防止するために注意表示等を行い、付近通行者に対して注意喚起をお願いします。

皆さんの命を守るため、認識を新たにしてみましょう。


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る