お問合せ・ご意見・ご感想
子育て支援・コラム

頭のいい子・賢い子に育てるには、どうしたら良いのでしょうか?

  2012年04月15日

 頭のいい子・賢い子に育てるには、どうしたら良いのでしょうか?

 頭のいい子とは外からの刺激に対して適切な行動がとれる子のことで、人と上手に付き合うことができるお子さんです。社会にうまく適応しているお子さんです。

 「成績のよい子」・「偏差値の高い子」とは、必ずしも一致するものでは無いのです。
たとえ、天才・秀才といわれ続けて来たお子さんでも、その才能を悪い方向へ使っても困ります。

 外の世界を正しく理解し、外への働きかけが上手に出来るお子さんの事です。
勉強も一生懸命して、「よく遊び・良く学び・良く寝る子」。
色々なタイプの子と遊べたら良いですね。


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る