お問合せ・ご意見・ご感想
子育て支援・コラム

愛着とは? 特定の人に対する特別な情愛

  2013年06月15日

産婦人科医会の見解に
①産後1~2週間の退院前の健診(母児ともに)と
②1か月健診(母児ともに)に対し 公費助成を求めている。

それは、産後1ヶ月が特に母親が不安定な時期であること
産後1ヶ月以内にどのような事が母親に起こるかというと

1. 育児不安

2. 産後うつ病の発症

3. 愛着形成阻害と児童虐待の懸念

愛着とは

赤ちゃんが特定の人に対して「この人は自分の欲求や感情や意思を理解してくれる、この人といれば安心だ」という認識をもち、その人が大好きになること。
そのことで、特定の人に対する特別な情愛が芽生える。
ほとんどの赤ちゃんは、主な養育者である母親を愛着の対象者とする。
母子の間で愛着が形成されるまでに5~6ヵ月の期間が必要。
しかし、母親に愛着の心が育た無かったときには、虐待の心配があるのもこの時期。

4. ちゃんと育っているかどうか、新生児健康診断の必要性

5. 児童虐待死の約半数は産後1か月までに起きていることが多い
だから、この時期に経済的な理由等で健診を受けないことの無いように、公費助成する必要があるといわれているのである。

先日も、産後うつになってしまった奥様の件でご相談を頂きました。
悩みを抱えていらっしゃる方は、多いと思います。
そんな子育て中のパパやママの味方になりたい!!

大変だけど、皆さん、頑張ってください!
関わった分だけ、子どもたちは応えてくれるはずです!


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る