子育て支援コラム
2013年 07月 15日

1歳から3歳の模倣時代の育て方

1歳から3歳の模倣時代になると赤ちゃんも立ち上がり、自分の足で歩き始め、話をしようとします。

この時期は、人生の挫折感を覚える時!

上手に歩くことよりも、上手に転んで立ち上がること!
頑張ればできることを身につけます!

*自分の周りの人の話すことを一生懸命聞こうとします。
そして、訳の分からない言葉を盛んに使います。
本人は分かっているのですが、周りの大人になかなか伝わらないのです。

この時期、手本となるのがお母さんの言葉です。
幼児語はなるべく使わず、正しい言葉と発音でどんどん話しかけてください。
その中で、言葉と動作が少しずつ一致してきます。

・「バイバイ!」と言って手を振ると、お父さんは会社に行くんだなと覚え、段々自分からしていくようになるのです。
こうして、5~6歳くらいまで、感覚能力、生きるための基本的な運動能力も発達し続けます。

(次回に続く!)