子育て支援コラム
2014年 04月 01日

弟や妹がしっかり見えるのは?

弟や妹の方がしっかり見えるのは、例えば、1番上の子が幼稚園に入園したときは、お母さんも初めての経験で緊張し、コチコチになっていますが、お子さんもお母さんの手をギュッと握ったまま離れません.。
 
しかし、2番目・3番目の子は、一緒にお母さんについて、お兄ちゃんの幼稚園を見ているので、むしろ、早く行きたいと入園を待っている子が多く、先生方に会っても、大きな声で「先生、おはようございます!」と挨拶するので、
「しっかりしてますね」と先生からも褒められ、下の子はいい気分です。

お母さんも「お兄ちゃんはダメなんですけど、この子の方が頼りになるんですよ!」なんて、つい、嬉しさのあまり言ってしまう。
でも、決してお兄ちゃんはダメなのではなく、経験が無いからこそ、1つ1つ慎重に行動しているのです。

また、同じ年の子でも、兄弟がいるいない、上か下かで随分違ってくるので、他の子とは比較せずお子さんが「頑張ろう!」と思い始めたら、お母さんは褒めてその能力をぐーんと伸ばしてあげてほしいと思います。

競争心も出て1つのことに自信を持つと子どもというのは、思いも寄らない力を発揮しますので、それまでじっくり見守ってあげることが大切です。

また、10のうち、7つ褒めて3つ叱れと言いますが、褒めすぎて悪くなる子はいませんので、叱ることより褒めることに重点を置いてください。

*次回は、一人っ子の育て方について考えたいと思います。
次回の掲載は、5月1日の予定です。