お問合せ・ご意見・ご感想
子育て支援・コラム

パパと子どものコミュニケーションの仕方

  2014年11月01日

 2014.10.25に松が丘公民館主催のパパ塾が開催されました。

私が議会で取り上げていたイクメンパパの養成講座を実施して下さったものです。
第1回目は、NPO法人ファザーリング・ジャパン理事の荒木 正太先生をお迎えしての講座でした。
全部で4回の講座ですが、2回目からはパパと楽しみながら、遊んだり、お料理したりします。
是非、パパを楽しんでもらいたいと思います。

 今日は、第1回目の講座の内容をお伝えします。
荒木先生は、3人のお子さんのパパ!
ご自分でも育児休暇を取れるときは取って、子育てをしてくださっています。

 荒木先生が育休中していたことは、食事の支度!
四六時中食事の支度をしていたら、奥様の気持ちがわかったそうです。
夕飯何を作ろうかと思った時に「夕飯、何食べたい?」と聞く。すると、「なんでもいいよ。」と言われる。
それが一番辛かったと…
なんでもいいから、ヒントが欲しい…そうすれば、それを元に夕飯を作るからと!

 私は、その言葉を聞きながら、普段、奥さんが当たり前のように作ってくれている食事の支度に対し、改めて、その大変さと感謝の気持ちを表している荒木先生に「流石!パパ塾の先生」と思いました。
相手の立場に立って物事を考え・行動することで相手を理解することができるんだと教えてくださったように思います。

NPO法人ファザーリング・ジャパンとは、父親支援事業による「ファザーリング=父親を楽しむ」の理解・浸透をとおして、「よい父親」ではなく、「笑っている父親」を増やすことをミッションとして、2007年に設立されました。

「父親であることを楽しんでいますか?」このメッセージを掲げ、企業・団体に働きかけを行っています。

その中で鍵を握っているのは、「イクボス」と言われる「管理職養成講座」だそうです。
やはり、トップの考え方次第で育休の取りやすい・とりづらい会社の雰囲気が決まりますからね。

興味・関心のある方は、NPO法人ファザーリング・ジャパンのホームページを開いて見てください。
次回の子育てコラムで、パパ塾の内容をお伝えします。
次回の予定は、12/1にアップする予定です!


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る