子育て支援コラム
2015年 05月 15日

安心して妊娠・出産・子育てができる環境の実現を目指してまいります!

産後ケアを含めた母子の健康増進は、少子化防止へ重要な施策となっています。

子どもを産み育てやすい社会を実現するには、妊娠から出産、子育て期までの切れ目のない支援が重要です。

 出産後の女性は、ホルモンのバランスが変調を来し、一時的に情緒不安定になりがちで、産後うつ等も引き起こすと言われています。

 現在では家庭内のさまざまな事情で家族支援が受けられなくなっており、公的な支援の必要性が高まっています。

① 誰もが安心して産後ケアを受けられるよう、利用者負担の軽減策を創設します。
② 産後ケアを担う人材育成のための研修を行います。
 産後ケアは、単なる家事支援ではなく、出産後の母子のこころとからだの適切なケアを提供することが求められています。