子育て支援コラム
2018年 11月 26日

2018.11.25 千葉市花見川区において、 オレンジリボン街頭を開催いたしました!
花見川団地の中にある大きな中央公園に多くの方が集まっていただきました。

毎年11月に青年局と協力をして県内各地で児童虐待防止法が施行されたこの11月にオレンジリボン街頭として、啓発活動を行っています。

昨年の全国の児童相談所に寄せられました虐待の対応件数は、13万3778件。
一昨年の12万2500件を裕に超え、過去最多を更新しました。

増加の要因としては、心理的虐待が増えています。
お子さんを前に配偶者からの暴力が増えております。

児童虐待は社会全体で解決すべき問題です。
あなたの勇気ある1本の電話で救われるお子さんがいます。

「未来へと命を繋ぐ189(いちはやく)」
この189は、児童相談所全国共通ダイヤルです。
お近くの児童相談所につながり、専門家の方が適切にアドバイスしてくださいます。
24時間365日対応で、連絡は、匿名でも可能です。

例えば、いつも子どもの泣き叫ぶ声が聞こえる。
保護者の怒鳴り声がする。
また、体に不自然な傷などがある。

このようなことを発見しましたら、189にお電話ください。
「いちはやく 知らせる勇気」がお子さんを守ります。

また、この189の番号は、子育ての悩み相談にも応じてくれます。

公明党は、虐待を防ぐために、全国に子育て世代包括支援センターの設置を推進し、切れ目のない支援に力を入れています。

特に、出産後のケアが大切です。生後6か月の間にお母さんの母性が芽生えます。
そして、お子さんに対する愛着の気持ちが出てきます。
しかし、お子さんを可愛いと思えないと虐待が起きるのもこの時期です。

私たち公明党は、これからも全ての子どもの命を守るため、安心して子育てできる環境整備に取り組んでまいります!