子育て支援コラム
2020年 04月 06日

船橋市は、令和2年4月1日より、ロタウイルス任意予防接種費用が助成されることになりました!

ロタウイルス感染症の主な症状は急性胃腸炎(ロタウイルス胃腸炎)で、突然の嘔吐、水溶性の下痢、発熱の症状で、回復に1週間程度かかります。

また、脱水症になる可能性は高く、無熱性けいれん、肝機能異常、腎不全、脳症等を合併することがあります。

重症急性胃腸炎で入院する原因としてロタウイルスが最も多いといわれています。

ロタウイルスは感染力が非常に強く、衛生状態に関係なく5歳までにほとんどの乳幼児が感染します。

何度でも感染しますが、症状は初感染時が最も重症化することが知られています。

このロタウイルス感染の特徴を利用して初感染時の重症ロタウイルス胃腸炎を予防することを目的に、ロタウイルスワクチンが開発されています。

対象者
接種日時点で船橋市に住民登録がある令和2年(2020年)4月2日から令和2年7月31日に生まれた子ですが、令和2年8月1日以降に生まれた子は、令和2年10月1日より定期予防接種の対象となりますので、みな、自己負担はありません。

以前より、議会で取り上げ費用助成を求めていたものが実現しました。

詳細は、船橋市HPをご覧ください!
ロタウイルスの費用助成