お問合せ・ご意見・ご感想
子育て支援・コラム

ーここが知りたいーその5 うそをつく子に対する接し方は?

  2011年11月14日

Q:うそをつく子に対する接し方は?

A:自分の立場を守る手段です。

自分がいい子になっていたいという本質がうそとなって出てきます。
例えば…うそをついてしまう理由としては…

①問いつめられ、逃げ場を失ってうそをつく。
②厳しさを逃れるためにうそをつく。
③自分に注目してもらいたいためにうそをつく。
④見栄を張るためにうそをつく。
⑤母親を喜ばせるためにうそをつく。
⑥現実と夢が一緒になってうそをつく。(小さい子に多い。)

うそをつかない子にするためには?

①子どもの話を良く聞き、すぐに叱ったりしない。
②できるだけ家族団らんの場を持ち、家族が協力・連携し合う。
③子どもの欠点や気にしていることを言わず、優れている所を褒めてあげること。
*お子さんのことを信じてあげてください。

●古い記事:

:新しい記事●



  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る