お問合せ・ご意見・ご感想
子育て支援・コラム

子どもに家庭の温かさを感じさせるためには?

  2012年01月16日

子どもに家庭の温かさを感じさせるためには? 

子どもに家庭の温かさを感じさせるためには、スキンシップです。

赤ちゃんの時は…

① 肌と肌のふれあい
② 母乳をあげる
③ ほおずりをする
④ 抱きしめる
⑤ 膝に乗せる
⑥ おんぶや抱っこ

 
少し大きくなったら…お父さんと

① 相撲やプロレスごっこ
② 一緒にお風呂に入る
③ 肩車
④ かけっこなどの競争

 とにかく、折に触れ、体に触れ合い、子どもが体を寄せてきたら、たとえ大きくなっても、煩がらないで、いつでも受け止めてあげることです

お子さんが求めている時というのは、何か心に不安を抱いている危険信号なのです。

 そして、お母さんは、「あなたが可愛いのよ! いつでもあなたの味方なのよ!」ということを教えてあげてください
子どもたちは、お父さん・お母さんの事が大好きですし、尊敬をしているからです


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る