お問合せ・ご意見・ご感想
スマイル・ブログ

3/2 まちかど通信413号 来年度の船橋の予算案

  2012年03月03日

3/2 津田沼駅頭でのチラシです。来年度の船橋の予算案です。

一般会計予算(案)1735億5000万円
 船橋市議会第1回定例会(2月27日開会)において、平成24年度の船橋市予算案が上程・審査されています。
 厳しい社会情勢を反映して、歳入では市税は0.7%減少を見込んでいます(主に固定資産税の減少による)。また国からの普通交付税53億円、財源調整基金の取り崩し43億円、臨時財政対策債59億円などにより財源を確保し、一般会計で対前年度比0.9%増の1735億5000万円、全会計で対前年度比1.3%増の3169億4200万円となっています。

 予算案における重点項目としては、「防災・防犯対策等の強化による安全と安心の実現」「福祉体制の確立」「教育環境の充実」「地域経済の活性化」「医療の充実と健康づくり」「快適な都市基盤の整備」「新公共交通システムの導入や駅エレベーターの整備」「地球にやさしい環境対策の推進」の8項目があげられ、これらを中心に効果的な予算配分をした、とされています。
 議会では議案及び一般質問(3月6日~13日)、予算特別委員会(同19日~23日)において、これら予算案を審議していく予定
です。

予算案に盛り込まれた主な新規・継続事業など
●地域防災計画と津波避難計画の策定、津波ハザードマップを全戸配布(2219万円)
●町会・自治会の100世帯に1台を目安に防災ラジオの配布
(2703万円)
●行田2丁目の国家公務員船橋体育センター跡地活用計画の策定(4000万円)
●施設整備を行う私立保育園に建設費を助成し、保育園定員を230名増へ(6億5548万円)
●児童ホームの耐震補強工事(6342万円)
●重度身体障害者への入浴サービスを週1回から週2回へ拡大(4571万円)
●介護保険料のコンビニ収納へシステム改修(1384万円)
●小・中・高等学校の耐震工事・耐震設計など(8億4854万円)
●大穴小、西海神小、高根台中に特別支援学級、習志野台中に発達障害通級指導教室開設(410万円)
●住宅リフォーム地域経済応援券の発行(6721万円)
●液状化で被害を受けた道路の空洞化調査(1200万円)
●UR賃貸住宅を市営住宅として借り上げ(820万円)
●八木が谷・丸山・田喜野井地区の路線バス実証実験の継続と八木が谷・旭町・松が丘・新高根地区の乗合タクシー実験の実施(5239万円)
●ペットボトルのステーション回収を開始(8505万円)
●太陽光発電設備・高効率給湯器の設置費用補助(4360万円)


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る