スマイル・ブログ
2012年 03月 02日

質問…現状の取り組みはどのようにしているのでしょうか。

答弁…相談関係は相談者の訴えに対しマンツーマンで歯科衛生士が対応している。
 口腔ケアの普及・啓発については、随時健康教室として実施している。
高齢期における健康教育では、咀嚼・燕下機能を低下させないことの重要性について説明し、簡単にできる予防法として、表情筋や舌を動かす「健口」体操を実践しながら講話している。