お問合せ・ご意見・ご感想
スマイル・ブログ

交通不便地域対策の今後の方向性について (H23年第4回定例会一般質問の中から)

  2012年02月18日

質問…交通不便地域対策として、今後の地域拡大の方向性について、見解を伺う。

答弁…公共交通不便地域の中で、人口集積があり、不便意識の高い地区においては、公共交通に対する改善要望も高いことが明らかになっている。このため、重点地区を選定し、適切な公共交通サービスの具体的なあり方を検討することにより、持続可能な公共交通サービスを提供するための、基準や仕組みづくりを行うこととした。
 このため、地域拡大については、重点地区における検証の後の課題であると考える。

要望 船橋市は他市と比べ鉄道網が便利である事や自動車教習所のバスや老人福祉センターのバスが走っていることなどの利点を活かして、道路事情の悪さや交通不便を感じている方たちの解消に挑んでいただけますよう、地域の声を反映し、市民のニーズに応えたバス運行、乗り合いタクシーの運行を要望。


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る