お問合せ・ご意見・ご感想
スマイル・ブログ

古新聞の使い道

  2012年01月18日

 読み終わった新聞を皆さんは、どうされていますか?
私は、有価物回収の毎週月曜日に当たり前のように束にして出していた。
そんな時 目に飛び込んできた新聞の記事に
『読み終わった後の新聞紙はそのまま資源ゴミに出していませんか?
 でも、古新聞は、とても生活に役立つ道具なのです。』とあった。
 具体的に言えば、
①、新聞紙は、ゴミの処分に大変重宝…生ゴミを新聞紙に包めば、悪臭が防げる。特に、生ゴミは、天日干ししてから捨てると重量も軽くなる。又は、水切りをする。(新聞紙のインクには、消臭効果が有る。)
②、新聞紙は、吸収力も高いので、押し入れの中に、円筒状に丸めた新聞紙を何本かひもでつるしておくと、湿気を取り除いて、カビ予防にもなる。
 (湿気を吸い、湿っても 日に当てて乾かせば、何度でも使えるので経済的。)
③、野菜はしめらせた新聞紙に包んでビニール袋に入れ、野菜室に保管すると、長く鮮度を保てる。
 (野菜室の底に新聞紙を敷けば、余分な湿気を取り除いてくれ、新聞紙の持つ消臭効果で、冷蔵庫内の嫌な臭いも防げる。)
④、玄関の掃除には、湿らせた新聞紙を細かくちぎってまき、ほうきで掃くと、砂ぼこりも立たず、細かい塵まで良く取れる。
 (水を流せないマンションなどの、玄関掃除には最適。)
⑤、窓を拭くときも、濡らした新聞紙を軽く絞って窓ガラスを拭けば、汚れがきれいに落ちる。
 (ガラスが湿っているうちに布でカラ拭きするとピカピカになる。)
⑥、猫のトイレにも新聞紙を使う。トイレの底に新聞紙を敷き、その上に砂の代わりに細長く割いた新聞紙を置けば、消臭効果が発揮される。
 (交換するときは、底に敷いた新聞紙ごと丸めて捨てれば良い。)

こんなに実用的で経済的である新聞紙をただ捨ててしまうのは勿体ない。
①~⑥までそういえば、実践したことはあるが、今は、どれも行っていない。

さあ! 今日から始めよう! 
   (いつのどの新聞の記事か、分かりませんが、最近の記事です。)


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る