スマイル・ブログ
2012年 02月 14日

津波被害を受けた銚子マリーナ

2/13 銚子市・旭市の漁港等の震災後の復旧状況及び、観光業における風評被害等の現地調査

 朝 6:27日の出 曇っていましたが、うっすらと日が差してほんのり空が真っ赤になりました。

*津波被害を受けた銚子マリーナ視察
*銚子市旅館組合の方から風評被害等ヒアリング
*銚子プラザホテル風評被害等ヒアリング
*飯岡漁業組合の復興状況等ヒアリング

 

*津波対策のいいおか荘前の盛り土視察

・旅館組合の方々とのヒアリングでは、原発の風評被害で売上げは 60%~70%とかなり減ったが、原発の対象地域になり、補償されるようになったのは良かった。
・個人のお客さんは戻ってきているが、学生さんの合宿のキャンセルや団体客が戻ってきていない。
・キャンペーンや広報に力を入れていきたい。
・飯岡漁業組合では、船曳場等の修理は4ヶ月で終わり、現在、真鰯やカタクチイワシが大量で黒字になっているという喜びの声を伺い、活気ある漁港に感動した。
・津波対策のいいおか荘前の盛り土は作業の途中ですが、松を植林し津波対策と併せて防砂林にもなるのでは無いかと思います。
・完全復興には、国や県の支援がまだまだ必要です。