スマイル・ブログ
2012年 06月 24日

 今日は、西割町会単独で避難訓練を実施しました。
我が町会は、古和釜小学校と古和釜中学校に隣接しており、徒歩5分位で行かれる様な恵まれた地域です。
町会を二つに分け、それぞれの組が近い方の避難場所に向かいます。
15時に地震発生、私は古和釜小に向かい避難所に集合している14組の避難者名簿に記名して、参加者の皆さんの確認をしました。
 今日は、町会で備蓄していた水を参加者にお渡しし、小学校組はその後古和釜中学校へ向かい、先に集合している方たちと合流。
中学校の方には、すでに起震車乗車体験と煙中体験が出来るようにセッテイングしてあり、順次体験されていました。

まずは、煙中体験
 煙体験ハウスを使い、煙の中での避難を体験しました。煙が充満しており、真っ白で全く何も見えず、壁づたいに進まないと何も頼れる物はありません。怖いくらいで、足がすくんでしまいました。
そして、起震車乗車体験
 震度5弱から震度7まで段階的に体験。ずっと、頭を抱えたままうつぶせになっていましたが、震度7はこのまま続いたら本当に怖いと思いました。震度7は、耐震性の高い建物も、傾いたり、大きく破壊されてしまったり、地割れ、地滑りや山崩れが発生するようです。

 今後、いつ起こっても不思議ではない地震! 
そのためにも、自助・共助・公助、そして、最近言われているのは、「近助」!!
ご近所の皆さんと仲良くして、いざというときは助け合いましょう!
 本日の参加者は、100人を越え大成功でした。自主防災組織を再結成し、初めての活動です。!