スマイル・ブログ
2012年 07月 30日

*「赤ちゃんスマイルスペース」を利用して、おでかけ安心! H24年7月1日付け 広報掲載
船橋市では、乳幼児を連れて外出された方が、授乳やおむつ替えのために立ち寄ることができる
公共施設を「赤ちゃんスマイルスペース」として指定しました。
お出かけの際には、赤ちゃんスマイルスペースをぜひご利用ください!

*私は、平成20年第3回定例会において…子育てに優しいまちづくりとして
☆市が管理する公共施設のベビーベッドの設置や授乳室の整備について、『おおむね順調に整備されており、鉄道施設については、エレベーター整備等のバリアフリー化にあわせて、ベビーベッドなどの設置を鉄道事業者に要請していく。』との答弁をいただきました。

☆埼玉県の本庄市は、市の施設に赤ちゃんの駅として授乳室を設置し、施設の玄関などにわかりやすくマークを表示しています。
親が子供と一緒に安心して外出できるように船橋でも、マークの表示をお願い出来ないか、と伺ったところ、『市内20館ある児童ホームでは、既におむつがえシート及び授乳スペースが設置されており、赤ちゃんの駅のような利用が可能であることから、今後その表示方法等も検討しながら、利用が可能である旨を周知したいと考えている。また、保育園や設備が未設置である施設等については、ニーズの把握や課題の整理を行い、実施の可否等を所管課と協議してまいりたい。』との答弁をいただきました。

 この度、4年経って、実現! とても、嬉しいです。

  …「赤ちゃんスマイルスペース」の目的は…
☆乳幼児をもつ家庭が安心して外出できる環境の整備と、親子が楽しく過ごせる機会を増やすことにより、子育て中の母親の孤立を防ぎ子育てにやさしいまちづくりを推進します。
そのため、外出中に気軽に立ち寄り、授乳やおむつ交換等ができる施設を「赤ちゃんスマイルスペース」として登録し、その所在を広く周知するとともに設置を促すことにより、安心して外出できる環境づくりを推進していくことを目的としています。

皆さん、安心してお立ち寄り下さい!!