お問合せ・ご意見・ご感想
スマイル・ブログ

空き家対策について…スマイルニュース第28号 H24年第3回定例会から

  2012年12月04日

空き家対策について

今年から設置された市民安全推進課私が数年前から空き家対策の件でご相談を受けています。
昨年の震災時、空き家の庭の木が倒れ道路を塞いでしまったことから、地域のご要望が大きくなり、毎日のように続く地震でブロック塀がいつ落ちてくるか、溢れるような荷物が道路に落ちてこないか、生い茂っている木が倒れてこないか、町会長始めご近所の方がそのお宅に手が出せず、見守っている状態でした。市には町会長を通して6年前から相談してきましたが、なかなか所有者との話し合いが進まず、手がつけられない状態でした。

そして、今年の6月、心配されていたブロックが崩れ落ち私の所にもすぐ電話が入りました。
夕方、5時半を回っていましたが、私は、担当課に次々と電話を入れました。しかし、「私の所ではできません。」とのこと。
すぐ、危険性ありということで、消防に電話を入れ対応して頂きました。
もし、消防が来てくれなかったら、市民の方は、「市は何もしてくれなかった」と思ってしまったかもしれません。
 
 市民安全推進課ができて、各担当課である建築指導課・道路管理課・クリーン推進課が協力して、これまでも所有者の方と今後の打ち合わせをこまめに進めていた所でした。
ブロック塀が崩れたことから話が進み、1か月で庭の高木の除去・庭中の荷物もきれいに運び出され、あとは家屋を処分し、更地になるのを待つばかりです。

条例ができる前に6年かかっていたご要望がこの数ヶ月で事が運んだのは、市民安全推進課が総合窓口となり、各担当課が本気になって取り組んでくださった成果だと考えます。

質問① 今年の4月以降、空き家対策の担当所管も決まり、関係各課による空き家対策検討連絡会を設置して対応されていると思うが、「相談件数が増加している状況の中、空き家に係る相談があった場合は、どのように連携をとって対応されているのか、伺う。
答弁 新たに道路管理課も加えた9課で構成する空き家対策検討連絡会により、問題を共有し、対応を図っているところ。空き家に係る相談件数も増加する中、解決に至るまで、関係課と連携を密にして対応して参りたい。

質問② 県内において、空き家の適正管理条例制定の動きが活発になってきており、市川市ではこの6月に制定され、千葉市においても条例が予定されている。市川市や千葉市では、条例に代執行の規定がある。「全国的に見ても、代執行にまで踏み込んでいる自治体の数はそれほど多くはないが、どのような条例となるのか、現在の進捗状況を伺う。
答弁 先進市の条例を参考に、勧告、命令、公表といった行政措置を行うとともに、市民の皆様へ積極的に広報活動を行うことで、空き家の適正管理を促すことを考えているところ。                       
代執行の規定については、条例に代執行を規定しなくても、行政代執行法あるいは建築基準法に基づいて、市が代執行を行うことは可能と考えているが、条例に規定する・しないにかかわらず、法に基づく代執行を行う場合には、専門的な所見に基づいて作成された判断基準を明確に示す必要があるものと考えている。代執行を規定した条例を制定している自治体に照会したところ代執行を行う課題や難しさがあるとの見解。本市では様々な意見を聴きながら慎重に検討し、来年の3月議会に上程できるよう条例案を策定して参りたい。

要望 空き家は、あくまでも所有者の財産であり、空き家があるということだけで問題にすることはできません。
 この空き家に関する条例により市では、管理不全な空き家により、近隣住民等が感じる不安や受ける迷惑を、できる限り迅速に調査することを心がけて“縦割り行政”にならないように、担当課の個々の状況により「自分の課でできないこと」としてとらえるのではなく、関連課が共に「自分の課で何ができるのか」というスタンスに立ち、こまめに連携を取りながら進めて下さるよう要望致します。

11月27日の朝日新聞の29面に松が丘の空き家対策の事が紹介されました。「増える空き家」解決まであともう一歩です。


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る