スマイル・ブログ
2012年 11月 12日

軽度・中等度難聴児補聴器購入費等助成制度

10月から、身体障害者手帳の交付対象外の、軽度・中等度難聴児へ、補聴器購入費の一部が助成されました。
 【助成対象】
  *補聴器の購入費用
  *この制度によって購入した補聴器を、原則5年経過後に更新する費用   《修理費は対象外です》
 【対象者】
  《次の要件をすべて満たす18歳未満の方》
  *船橋市内に住所を有している事
  *両耳の聴力レベルが原則30デシベル以上70デシベル未満で、身体障害者手帳の交付対象にならない場合
  *補聴器の装用が必要であると医師の判断を受けている事
  *世帯内に市民税の所得割額46万円以上の方がいない事
 【助成額】
  *基準価格の範囲内で購入価格の3分の2(1000円未満切り捨て)
 【相談・申請窓口】
*療育支援課(市役所3階)☎436-2342