お問合せ・ご意見・ご感想
スマイル・ブログ

H21年7月議会の一般質問 スマイルニュース第14号「低炭素社会の取り組み」について

  2010年01月02日

  低炭素社会の取り組みについて

質問1 船橋市において、8校に設置される太陽光パネルのCO2排出量の削減にどのくらいの効果を見込んでいるのか。

答弁 1校当たり、1年間で約10400kwhの発電が可能、4500KgCO2削減。8校合計で年間約83000kwhの発電と36000kgのCO2の削減が見込まれる。

要望

 H23年春にオープンする坪井公民館にも公共施設で初めての太陽光パネルを設置するので、市民への意識啓発や削減効果など市民に見える形の工夫を考えてほしい。

要望 本市においても、今年1月から政府が地球温暖化対策の一環として始めた、住宅用太陽光

発電導入支援制度の早期実施をお願いしたい。


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る