お問合せ・ご意見・ご感想
スマイル・ブログ

H21年7月議会の一般質問 スマイルニュース第14号「児童虐待」について

  2010年01月02日


(その3) 児童虐待について

質問1 本市の虐待の現状と問題点をどのように捉えているのか。また、児童虐待防止についてどのような取り組みをしているのか。

答弁 児童虐待は、年々増加。船橋市の20年度の児童虐待件数―226件。要因…育児不安、不安定な夫婦関係、経済的不安、地域から孤立など精神的に不安定。

問題点…親自身が虐待された経験がある。主な虐待者の7割は母親である。

取り組み

…通報窓口が家庭児童相談室。(3人の職員と7人の非常勤職員) 通報を受けての調査・相談業務を行い、必要に応じて虐待が疑われる家庭を訪問して状況を把握する。

関係部局との連携

は、 児童相談所や警察、民生委員など様々な関係機関・団体と連携して要保護児童・DV対策地域協議会を設置。「こんにちは赤ちゃん事業」や育児支援家庭訪問事業を行っている。

母と子について、南アフリカのマンデラ元大統領いわく。

「幼子を抱いて授乳する母の表情は、なんとも優しくそして気高い微笑みを浮かべている。それは、生命を慈しみ護り育む母性の本然の発露と思える。」


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る