スマイル・ブログ
2013年 10月 25日

木造住宅耐震診断助成制度

地震に強いまちづくりを進めるために、木造住宅の耐震診断を実施する場合に、診断費用の一部が助成されます。
耐震診断に先立ち、事前に助成金交付申請が必要となりますので、ご注意ください。

【対象となる住宅】

下記のすべての条件に当てはまる住宅が対象となります。
なお、建築基準法等の規定に違反している住宅は対象外となりますのでご注意ください。
●昭和56年5月31日以前の旧耐震基準により設計・建築された、市内に存する木造の戸建住宅又は併用住宅(居住の用に供する部分の床面積が当該住宅の延べ面積の2分の1以上を占める)
●地上階数が2以下で、在来の軸組工法によって建築された住宅

【助成金の額】
診断にかかった費用の3分の2 (千円未満切り捨て、上限4万)

問合せは、公共建築物保全課 / 電話番号: 436-2632

*あなたの家は、大丈夫ですか?
もし、昭和56年5月31日以前に設計・建築された建物は、耐震診断をしていただくのも良いのでは無いでしょうか!