お問合せ・ご意見・ご感想
スマイル・ブログ

H21年3月議会 一般質問から 防災対策について スマイルニュース第13号より

  2009年05月05日

通告3 防災対策について

質問① H21年度予算に夏見台近隣公園に災害対応のトイレの整備費を計上しているが、一時避難場所に指定されている公園の防災施設の現状を伺う。

答弁 公園が防災機能の全てを担うことはできないが、一時避難場所として位置付けられる公園の新設に当たっては、災害時対応の施設も併せて整備を行っている。

西船近隣公園には災害時にも対応できるトイレ、耐震性貯水槽、煮炊きのできるかまど付きベンチや手押しポンプなどの施設を設置しており、坪井近隣公園には、災害時にも対応できるトイレを設置。

夏見台近隣公園には、耐震性貯水槽を設置しているが、H21年度には、災害時に下水本管が破損した場合でも、地下の貯留槽を利用してくみ取り式のトイレとして利用できる構造のトイレを設置。


現在、一時避難場所に位置付けられた公園は、7箇所。

(3箇所は、公園事業で災害時対応施設の整備を行う。)

質問② 今後、整備する身近な公園の防災施設の整備について、伺う

答弁 身近な公園のうち、面積が小規模なため災害用トイレなどの設置は難しい。

一時避難場所となる公園の新設にあたっては、災害に対応できる施設を設置していきたい。

質問③ 既存の施設の身近な公園のうち一時避難場所となっている公園についても、防災施設導入を推進すべきと考えるが、市の見解を伺う。

答弁 大規模な改修の際に併せて災害用トイレなどの防災施設を設置したいと考えている。

一例として運動公園については、H22年の国体開催に向けて、野球場北側の駐車場などの整備に併せて、マンホール形式の非常用便槽を埋設しておく等の検討を行ってみたい。


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る