スマイル・ブログ
2014年 07月 28日

YESnetとは?・・・四日市早期支援ネットワークの視察に行って来ました!

 四日市市において,子どものこころの病気の早期発見・早期支援のために設立された,教育委員会,保健所,医療機関が立ち上げたネットワークです。

発起人は、平成21年1月、居仁会(総合心療センターひながの医師で、医師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士等から成る精神病早期支援プロジェクトチームが結成され、その後、他機関との連携の必要性を感じ、四日市市保健所から所長(医師)、保健師、ケースワーカーが、四日市市教育委員会からは指導課、教育支援課、学校教育課の担当者が加わりました。

「何をしていても楽しくない。」「いつも不安がつきまとう。」等の様子が見られる子どもたちに,どのような支援をしていくとよいかなど、月1回の定例会をもち一緒に考えていきます。

また、出前授業「心の健康 ストレスをぶっ飛ばせ」を行い,児童生徒へのこころの病気の予防のための啓発をし、ストレスって、なあに?から対処法まで、児童・生徒に出前授業をすることで、相談体制ができ、子ども自身もストレスに対する気持ちの切り替えが行えるようになります。

 親と学校の相談体制ができ、医師にも相談しながら、垣根を無くしたネットワークの形成ができておりました。

*医師との連携がスムーズに行われている四日市市の支援体制を船橋でも取り入れたらと考えます!
発起人である居仁会の総合心療センターの医師の熱意に頭が下がりました。