お問合せ・ご意見・ご感想
スマイル・ブログ

就労支援施設、OSAKAしごとフィールドについて

  2014年09月22日

大阪府が運営を民間委託している就労支援施設「OSAKAしごとフィールド」(大阪市中央区)に4月21日、子育てと仕事の両立をサポートする「働くママ応援コーナー」がオープンし、「就活(就職活動)と保活(保育所探し)が同時にできる」施設。

 働くママ応援コーナーには、カウンセリングブースとママナビブースの二つのブースを常設していて、カウンセリングブースでは、経験豊富な女性のキャリアカウンセラーが常駐し、相談者の経歴や職歴、資格などを聞きながら、その人のキャリアや能力を生かせる就職先を一緒に考え、一人一人に寄り添うきめ細かな相談を心掛けているということです。

 また、ママナビブースでは、保育士の資格を持つカウンセラーが常駐し、相談者1人に対し約30分の時間をかけて、府内の認可・認可外の全保育所の施設情報を集めたデータベースをチェックしてくれる。

 「自宅に近い」「大型スーパーがあって買い物に便利」「突然の残業にも延長保育で対応できる」など、各保育所の特徴を検討しながら、相談者のライフスタイルに適した保育所選びをサポートしている。

 大阪府によると、開設以来、カウンセリングを継続して受けた相談者のうち、既に就職先が決まったケースもあり、「就活と保活が同じ場所でできるのが良い。ママ友に紹介したい」とか、「子育てに追われ、仕事のブランクが気になっていたが、キャリアカウンセリングを受けることで希望が見えてきた」など、利用者の声も聞こえてきます。

 中には、子ども連れで相談に訪れるご夫婦もいて、カウンセラーから、父親の子育てへの参加や育児休暇の取り方など、“イクメン(育児する男性)”のアドバイスも受けられて喜ばれている。


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る