スマイル・ブログ
2014年 12月 29日

☆振り込め詐欺の防止対策

市内の振り込め詐欺が多発!
8月現在の被害額は、2億1500万円を超え、深刻な状況。
特に、市の職員を語った還付金詐欺の手口が急増。

Q市内の振り込め詐欺の現状は?

A8月現在58件・2億1500万円超
特に、市の職員を語った還付金詐欺の手口が急増している。電話相談5月24件、6月9件、7月56件と急増し、8月も多数報告されている。

Q市として警察との連携は?

A船橋両警察署の協力のもと、庁内の関係各課による還付金詐欺等防止対策緊急会議を開催。

Q対策は?

Aポスターの掲示。特に、高齢者に対しては、注意喚起の声掛けと共に啓発チラシを渡す。
 警察や防犯組合連合会と連携し、注意喚起のチラシを5万枚作成。老人クラブ連合会、民生児童委員協議会、自治会連合協議会に配布や回覧を依頼し、警察を通じて金融機関等への配布も依頼した。
 これ以外にも、市の防災行政無線を利用し全市内に注意を呼びかけている。

Q効果をどのように捕らえているか。

A不審電話に関する相談が増えた。
 銀行のATMの前で定員に声を掛けられ、被害を防止した。

Q今後の取り組みについて

A未だ不審電話の報告が寄せられていることから、引き続き警察や関係団体と密接に連携を図りながら、対応策を講じていく。