お問合せ・ご意見・ご感想
スマイル・ブログ

パパの子育て参加  H26年9月議会の一般質問から

  2014年12月18日

パパの子育て参加

船橋でもNPO法人ファザーリング・ジャパンの方をお呼びしてイクメン講座を開催していますが、その副代表であり、
厚生労働省「イクメンプロジェクト」座長の安藤 哲也さんは、「父親を楽しもう!」の中で、
①育児は期間限定のプロジェクト! 
②地球上で、父親ほど素晴らしい仕事はない!と言われています。

そして、ファザーリングの極意の中で言われているのは、「父親が変われば、家庭が変わる、地域が変わる、企業が変わる、そして、社会が変わる。」とありました。

私は、これまで母親が変われば家庭が変わる…だと思っていました。
時代は変わったようで、今日からは、世の男性に期待を込めて、「父親が変われば社会が変わる」の言葉を贈りたいと思います。

そうは言っても、決して、男性に家事・育児を全面にお願いしているのではなく、奥さんの気持ちを少しでもわかってあげてほしい、気遣ってほしい、ありがとうと声をかけてほしいと思っているだけです。
行政には、是非、船橋でもふなっこメールのパパ向けの配信と横浜市こども青少年局企画調整課の出されているパパブックを参考にして、子育て版パパの情報ページの作成を要望させて頂きます。


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る