お問合せ・ご意見・ご感想
スマイル・ブログ

「建設業の人材確保・育成策」

  2015年06月08日

「建設業の人材確保・育成策」

国土交通・厚生労働の両省が、連携をして、若年者の入職促進や教育訓練、雇用に関する助成金の活用を促すほか、社会保険の未加入対策も行い、建設労働者の処遇見直しを進めます。

バブル経済崩壊後の不況のあおりで、建設業界の就業者数は、97年の685万人をピークに、14年は505万人にまで減少しています。就業者の高齢化も進み、55歳以上の占める割合は約34%に上り、全産業の平均(約29%)を上回っています。

災害大国・日本において、建設業はインフラの整備はもとより、国の安全や発展を担う重要な産業であり、人材の裾野の広がりは不可欠です。

「女性の入職促進」

今回の対策には、女性の入職促進が盛り込まれました。建設現場は男性社会の印象が強く感じられますが、女性ならではの視点を生かした建築デザインなど、活躍の場は、広がっています。

建築現場での受け入れ環境の整備など、女性が活躍できる環境の向上は業界の活性化にも直結します。


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る