スマイル・ブログ
2015年 06月 01日

自転車で危険な運転を繰り返す人への罰則が6月1日から強化されました。

改正道路交通法の施行により、酒酔い運転など14項目の悪質運転危険行為で複数回摘発されると、自転車運転者講習の受講を義務付けられました

危険行為をした運転者は、警察官から指導・警告を受け、従わない場合には交通違反切符を交付されます。

違反切符が3年間で2回以上交付されると、都道府県公安委員会から3カ月以内に自転車運転講習を受けるよう命じられます。受講するには、手数料として5700円(標準額、都道府県ごとに金額は異なる)を用意し、運転免許試験場や県警本部など指定された会場へ行かなければなりません講習を受けないと、5万円以下の罰金が課せられます。

悪質運転危険行為の中にある安全運転義務とはハンドルやブレーキを正確に操作し、周りの状況に応じて他人に危害を与えない速度と方法で運転をしなければならないというものです。

具体的には、
▽スマートフォンの操作や音楽を聞きながらの運転
▽傘差し運転
▽2人乗り
▽他の自転車との並行運転
―などで注意を欠き、事故を起こした場合が違反になると想定されています。

公明党は、2011年12月、自転車の安全利用に関して政府に対して緊急提言を提出しました。

現在も自転車保険の加入率向上や自転車を安心して利用できる環境の整備、地域での安全運転教育に取り組んでいます

講習は14歳以上が対象で3時間。
自分の運転がいかに危険だったかを気付かせ、改善を促します。