お問合せ・ご意見・ご感想
スマイル・ブログ

こども未来会議室について 

  2015年10月21日

 市民などからの政策提言について

 平成26年度、新規事業として、市長と子供たちが船橋の将来を話し合う場、こども未来会議室が5回にわたって開催されました。

質問 こども未来会議のサブタイトルである、「~船橋の未来に“たね”をまこう~」としたのは、どのような思いがあったのか。
また、船橋の未来を背負って立つ中学生との懇談の感想をぜひ市長にお尋ねしたいと思います。
率直な感想をお伺いいたします。
 
    
答弁 今年の夏休み、ご質問にあったように、5回に分けて、全部で28校の中学生と話をすることができました。

内容としては、本当に私が想像していた以上に、高齢者福祉のことですとか環境のこととか、本当にしっかりとしたこともありましたし、身近な公園でキャッチボールができる公園があればもっと部活が盛んになるんだとか、中学生ならではの意見もありまして、特に、船橋市にはいいものがたくさんあるので、もっとPRをしてほしいという意見が非常に多くあったのは、私としても、子供たちがそう感じてくれているんだということがわかりましたし、とてもうれしく思いました。

 「~船橋の未来に“たね”をまこう~」というサブタイトルですけれども、当然、子供たち、これからの時代を担っていく存在でありますし、10年もすればすぐ大人になってしまいます。
そのときに、やはり子供のころとか思春期のころに、まちづくりにかかわることの経験があれば、必ず大人になったときに何かの形で思い出して、そういったきっかけづくりにつながっていくというふうに思って、このサブタイトル、これはもう私だけではなくて、職員とかほかの人間も考えてくれたことです。

 もう1つ、この会議で私は一つ別の目的もありまして、今回は青年会議所と、あと商工会議所の青年部、法人会の青年部と、あと、さざんかさっちゃん教育基金の方たちにも企画段階から入っていただきました。
それは、これまでもそれぞれの団体、いろんな形で子供たちを対象にして活動していただいてきましたし、そういった人たちの連携をとる。

で、一緒にやっていただくことで結びつきを持ってもらえることと、もう1つは、子供たちに、自分の仕事を持ちながらそういった活動をしている人がいるんだということをぜひ知ってほしかったんですね。
で、今回はフリートーキングのときなんかにも参加をしていただいて、やりとりをしてもらいましたので、子供たちにも、そういったきっかけになってもらえたかなというふうに思っております。

 今、この意見については、事業化できるものがないかどうか、担当課のほうに戻しておりまして、何かこれを1つでも実現できれば、自分たちの意見も生かされるんだということを知ってもらうことになるので、何とか1つやりたいなというふうに思っているところです。
 
*ホームページを見ても、また広報を見ても、本当に楽しそうな写真、また映像を見ることができました。
生徒さんからの感想では、船橋の魅力を再発見したり、改めて船橋に関心を持って、よい町にしたいと考え始めたり、課題や問題点などを含め、船橋をよくするために、皆で意見を述べ合い、思い出に残るときを過ごせたのではないかというふうに思います。
また、皆、市長と話ができて、身近な存在になっていることも述べられていました。

質問 生徒さんから出されたさまざまなご意見、ご要望に対し、どのような対応をされるのか、お伺いいたします。また、来年度以降のこども未来会議の方向性をどのように考えているのか、市のご見解をお伺いいたします。    

答弁 もう、市長がお答えを出したところですけれども。
今、各部局のほうに投げておりますので、実現できるものは、もう早いうちに実現させていきたいというところでございます。

 今後につきましては、今回の会議は、今、市長からお話がありましたように、子供たちにとって非常に有益な部分もありましたし、行政にとりましても、子供たちの意見は新鮮であると同時に的を射るものがたくさんございました。

市民団体との連携も含めまして、まちづくりにとって収穫の多い会議でございましたことから、来年度もこの会議室は継続して開催する予定でございます。
さらに多くの子供たち、そして市民の意見が集約できるように工夫を凝らしてまいりたいと、このように考えております。


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る