お問合せ・ご意見・ご感想
スマイル・ブログ

船橋市は、11月中旬から番号通知カードが届きます! マイナンバー制度スタート

  2015年10月07日

マイナンバー制度スタート 
船橋市は、11月中旬から番号通知カードが届きます!

 日本に住民票を持つ全ての人に12桁の番号を割り当てる社会保障と税の共通番号(マイナンバー)制度がスタートします。
10月5日時点の住民票に基づき、10月中旬以降、番号が記載された通知カードが郵送され、来年1月に運用が始まり、
船橋市は、11月初旬から中旬に届く予定です。

所得や社会保障などの情報を番号で把握し、公平な給付や税負担を実現するとともに、行政サービスの効率化を図ります。

 マイナンバー制度では、原則として生涯同じ「個人番号」を使い続ける。
番号が気に入らなくても変更はできません。

1月以降、希望者に「個人番号カード」を交付します。
できましたら、18歳以上の方は申請してください。身分証明の代わりになります。

外国人でも住民登録があれば、番号が付与されます。
同姓同名で生年月日が同じ人も番号で識別できるので、間違いが生じにくい。

 マイナンバーの運用は来年1月からで、源泉徴収票や行政手続きで番号の使用が始まります。
国や自治体が副業も含めた所得情報を番号で把握できるようになるため、脱税や生活保護の不正受給防止に役立ちます。

 2017年1月以降、行政手続きの際に住民票などの添付書類が不要になったり、国民年金保険料の納付免除申請などの手続きのほか、各種給付や予防接種の通知なども受け取れるようになります。
個人カード取得のメリットは大きい
 マイナンバー制度では、来年1月から希望者に対し、居住する市区町村がICチップ入りの「個人番号カード」を無料で交付します!
カードを使用することで、納税をはじめとする行政手続きをスムーズに行えるようになります。
 
カードにはマイナンバーに加え、氏名や顔写真、住所、性別、生年月日が記され、身分証明書として使えるほか、コンビニの設置端末にかざすと、簡単に住民票の写しなどを入手できるようになります。

マイナンバーカードの取得のメリットは大きい!!と感じます。  

①申請書が届きましたら、申請書に顔写真を貼り、返信用の封筒に入れてポストへ
➁H28年1月以降、市から受け取り場所等の案内が来ます。
ご確認の上、マイナンバーカードの受け取り日時・場所を予約してください。
③受け取り場所で本人確認と暗証番号の入力をします。
終わり次第、通知カードと引き換えに受け取ります。

*有効期限は20歳以上は10年、是非、ご活用ください。


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る