スマイル・ブログ
2016年 02月 11日

船橋市図書館所蔵資料展

船橋市の図書館に所蔵されている貴重な資料を公開する展示会が今月23日(火)から28日(日)まで船橋市民ギャラリーで開催されます。

今年は、「描かれた房総の名勝~地図・絵・写真をみる~」と題し葛飾北斎、歌川広重の浮世絵をはじめ一流の芸術家たちが描いた下総地域の絵や写真、古地図に船橋ヘルスセンターの案内図など懐かしい品々も展示されます。

特別展示として船橋ゆかりの画家、鈴木鵞湖、石井鶴三、石井柏亭などの作品や川瀬巴水や奥山儀八郎が下総地域を描いた作品を出展します。

展示される作品は全て船橋市図書館所蔵のもの。

今回初出展される作品も多くあります。

房総には数多くの名勝があり、多くの芸術家達が画題として描いて来ました。

かつての房総を偲ぶ貴重な機会ともなります。

毎日11時と14時からは約20分程、市の職員によるギャラリートークもありますので、出展作品を更に深く知ることもできます。

是非、足を運んで船橋市の貴重な資料を直にご覧ください。