スマイル・ブログ
2016年 06月 13日

6/15の議会見学会の参考のために

市議会ってなあに?

船橋市を住みよいまちにするためには、みんなでどうしたらよいか考えていかなければなりません。
でも、船橋市には62万人以上の人が住んでいて、みんなが集まって話し合うのは大変です。

そこで、わたしたちはみんなの代表を選んで、かわりに話し合いをしてもらいます。
その選ばれた代表の人を市議会議員と言い、市議会議員が集まって話し合いをする場を市議会といいます。

市議会では、市長から提案された内容(お金の使い方や、市の決まりなど)を話し合って、それでよいのかどうかを決めます。
市長は、市議会で決まったことを実行し、市議会は、市の仕事がきちんと行われているかどうかをチェックしたりします。

市議会議員ってどんな人?

市議会議員は、わたしたち市民の代表として、4年ごとに市民の選挙で選ばれ、市民のために仕事をします。
市議会議員になれる人は25歳以上の市民で、市議会議員を選ぶことのできる人は18歳以上の市民です。

船橋市では、50人の市議会議員が選ばれます。
※今年の夏の参議院議員選挙から18歳以上に変わります。

*船橋市議会 広報委員会で用意した資料を参考