スマイル・ブログ
2016年 10月 03日

認知症の人にやさしい船橋を目指す!

10月1日㈯ 10時から12時まで 西部地区 丸山公民館にて徘徊模擬訓練に参加させていただきました。
会派からは、西部地区担当の鈴木いくお議員と木村修議員と私の3人です。

①開会式
➁情報伝達訓練 *警察署への届け出訓練 *SOSネットワークの模擬訓練 *ひやりハッと防犯・交通安全情報 *メールの模擬配信

③徘徊声掛け訓練 *声かけ方法の学習 *徘徊高齢者への声かけ訓練

徘徊役の方が見えたら、先ず、第一声 なんと声をかけたらよいか相談し、「こんにちは~、何かお探しですか?」「どちらへ行かれるのですか?」など、受け答えをしているうちに最後の結論はどのように導けばよいのか…? 最後は、次のポイントで待っている声掛け隊がいるので、そちらの方向に促しました。
しかし、現実は、行き先もわからないのですから、様々サンプリングしながら、成功事例を共有していくしかないと思いました。

④閉会 *意見交換

*意見交換の時に徘徊役の方からの率直なご意見を伺ったときに声をかけるタイミングや言葉の使い方の難しさを改めて感じました。
多くのことを学ぶ機会となりました。

次回、北部地区は、10月28日 地元松が丘公民館ですので、参加したいと思います。