お問合せ・ご意見・ご感想
スマイル・ブログ

乳がん検診の年代別の検査

  2018年04月09日

乳がん検診の年代別の検査

乳がん検診の内容は、問診、視触診、マンモグラフィー検査、超音波検査とすべてを行うのがベスト。

*20代…血縁に乳がんの人がいる場合はマンモグラフィーや超音波などの画像検査を。

*30代… 年1回、視触診と超音波を組み合わせた検診がベスト。

*40代…日本女性の乳がん発症のピーク。年1回、マンモグラフィーと超音波検査を行うと良い。

*50代…乳がん発症率の高い年代。年に1回のマンモグラフィーと超音波の併用検診が良い。

*60代…2年に1回マンモグラフィー検査。

*70代からは乳がんのリスクも低くなる。

今、乳がんの早期発見に超音波を使った検査が注目されている。

痛みがなく、被ばくを伴わないことで知られる超音波検査は、マンモグラフィーでは拾いにくいしこりなどを発見できる。

是非、自分に適した検診を!!


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る