スマイル・ブログ
2018年 08月 02日

フナゲン☆コレ!タイトルが面白い。意味が分かりにくいですが…

市立船橋高校美術部の生徒が昨年3月に策定した「船橋市公共施設等総合管理計画」について,市民の皆さんにご理解いただくためを制作しました。

制作にあたっては、計画の趣旨を伝えるのみで高校生が考える「船橋の現状とこれから」という視点で、イラストだけではなく、タイトルやストーリー構成、そしてセリフについて考えてもらいました。

高校生の目線で描くことによって、なじみの薄いこの計画がわかりやすく知っていただける内容になっています。

作品は市のホームページで公開している他、各公民館、出張所、図書館、フェイスビル5階、市役所9階の財産管理課にてご覧いただけます。

また閲覧場所ではA5サイズに縮小した冊子の配布も行っています。

計画の中で問題になっているのは老朽化、お金、人口の3つ、高校生はどのような視点でこの現状と船橋のこれからを描いてるのでしょうか。

*是非、ご覧になってください。