スマイル・ブログ
2018年 09月 03日

地元西割町会の防災委員になっておりますので、毎年、役員として参加させていただいております。
古和釜中学校体育館が防災訓練の会場です。

役員さんは、8時30分集合 
①リヤカーによる水・袋・机イスの搬送
②ハンドマイクによる町内呼びかけ・町会の旗を設置

AM9時地震発生(わが身の安全確保) 9時10分

各自避難開始、体育館へ避難誘導
③私は、情班なので、連合本部の受付支援(参加者の名簿記帳)
 水・ビスケットを受け取る。
④体育館内のブルーシートを敷き、避難者待機

⑤トイレなどの機材運搬・組み立て (市役所の方の説明通り、皆で組み立てる。)

⑥パーテーションを広げる (4人家族くらい、入れるのではないか。)

⑦校庭では、放水訓練(多くの方が体験)

⑧片付け・参加者に保存食の配付。
 缶パンと調理不要食 鶏そぼろ卵とじ

⑨終了後、意見交換会 
 地域で声を掛け合って、参加者を増やすことで、防災への意識啓発をする!
 
*今年も連合町会のお祭りの翌週ということもあり、「お疲れ様でした。」とか「楽しかったね。」など声を掛け合いながらのスタートでした。

 顔を合わせることや声を掛け合う事の大切さを感じました。
 特に、今年は、ご近所さんから「一緒に行こうよ!」と誘われて、初参加の方もいらっしゃいました。
 お土産もありましたので、喜んで帰られました。地道に啓発してまいりたいと思います!