お問合せ・ご意見・ご感想
スマイル・ブログ

H22年12月議会の一般質問から 「*消防・救急車両のサイレンについて」

  2011年02月18日

 (*今年になって、火事が多発している。放火の疑いのある物も多い。消防と警察で・地域の自治会のパトロールの強化が始まった。みんなで声を掛け合い、災害を減らしたい。) 

消防・救急車両のサイレンについて

H21年における船橋市の救急自動車の出場件数は2万7087件、H20年より167件の増、1日平均74件、19分に1件の割合で出場し、市民22人に1人が搬送されたことになる。

*夜間のサイレンの音がうるさくて眠れない。せめて、住宅街に入ってきたら、音を出さないとか、赤色灯だけにすることはできないのか。

質問① 昨年10月から、消防法の追加があったようですが、救急車出場の位置づけがどのようになったのか。

答弁 救急出場は、消防法第1条に「災害等による傷病者の搬送を適切に行う」という条文から火災及び救急出場などと同様、災害出場であることが規定されている。

質問② 救急出場する救急自動車の要件とサイレンや赤色灯を付けるときの規定はどのようになっているのか。

答弁 緊急自動車の要件として、道路交通法第14条に「緊急の用務のために運転するときは、サイレンを鳴らし、かつ、赤色の蛍光灯いわゆる赤色灯をつけなければならないこと」と規定されている。

・赤色灯は、前方300Mの距離から点灯を確認出来ること。

・サイレンの音の大きさは、自動車の前方20Mの位置で90デシベル以上、120デシベル以下であることが道路運送車両の保安基準の細目を定める告示に規定されている。

*消防と救急車両のサイレンについて、東京臨海病院の病院長の山本保博先生は、119番の通報から、救急車が現場に到着するまで、平均すると7、7分。死亡率が50%を超えるのは、心臓停止から約3分、呼吸停止から10分。

 サイレン音が聞こえたら表にでて、救急車を誘導する。救急車を待つ7分の間に救命手当てができると、その人が助かる確率は、しなかった場合より5倍も高くなる。


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る