スマイル・ブログ
2019年 05月 30日

市民演劇2019 朗読音楽劇

昨年「ふなふな船橋」の朗読劇を上演し好評を得た市民参加型の演劇、今年は朗読音楽劇へと進化し、10月19日(土)に文化創造館きららホールで上演することが決まりました。

演目は船橋には大変馴染みがあるアンデルセン童話から人魚姫を予定しています。

出演は今回も公募による市民の方だけで朗読だけでなく合唱での参加も加わる予定です。

脚本・演出は原田一樹氏、芸術監督・作曲は和田啓氏が務めます。参加者の募集は6月1日から30日まで。

6月8日(土)11時からきららホールにて説明会が開催されます。

7月21日(日)にオリエンテーションが開催され応募者が多数の場合は、稽古に参加可能な状況をみて参加者を決定する場合があります。

稽古は全部で10回程度、きららホールか市民文化ホールのリハーサル室を使用し3時間程度の内容で8月中旬より開始予定です。

参加費は無料ですが保険代等ご負担いただく場合があります。

詳しいことは市のホームページで随時更新されますのでご確認ください。