スマイル・ブログ
2019年 08月 16日

行革シンポジウム

 船橋市では行政運営の効率化・財政健全化を目指し、令和元年度、2年度の2か年を「集中取組期間」として、具体的な行財政改革に取り組んでおり、「行財政改革推進プラン」をホームページで公開しています。

この取り組み内容や市の考えを市民の皆さんに広く知っていただくために31日(土)午後2時から市民文化ホールで「行革シンポジウム」を開催します(入場無料、事前申込み不要)。

第1部では「船橋市の行財政改革について」と題し市の財政状況をはじめ、行革が必要な背景や「行財政改革推進プラン」についてわかりやすく説明します。

第2部では「行革で変わる船橋の未来」と題し、松戸徹市長をはじめ、市の行財政改革推進会議の武藤博己会長、谷本有美子副会長、本木次夫委員と(株) 日本総合研究所リサーチの日吉淳氏によるパネルディスカッションが行われます。

市民の皆さんと共に船橋の未来を考える重要な機会となりますので、多くの方にご参加いただきたいと思います。