お問合せ・ご意見・ご感想
スマイル・ブログ

気を付けて! 狙われています! 警察官や金融機関職員を装った「キャッシュカードおよび暗証番号等の詐取」

  2020年01月23日

気を付けてください! 電話で詐欺のご相談がありました。
警察官や金融機関職員を装った「キャッシュカードおよび暗証番号等の詐取」です。
知っている警察の方からの電話だと思ってすっかり信じてしまったようです。

シナリオはできています。
①始めに来た長電話の中で銀行名・口座氏名・暗証番号をメモ書きするよう言われ、その通り、電話で話しながら全部の銀行のデータを書き出し。
書き終わったころ、自宅前に担当者が着く頃ですと。

②そこで、タイミングよくピンポン! 電話を切る。
(被害者は、なおのこと信じる。)
20代前半の受け子役の子が訪ねてきた。
用意したキャッシュカードと暗証番号を書いた紙を封筒に入れ封をする。
封した後✖を書いたら、印鑑を押すように言われ、再度、新しい封筒に入れなおす。
銀行印を持ってくるように言われ、部屋に戻り、銀行印を持ってきて押す。
(部屋に戻ったときにすり替えられた)
被害者は、キャッシュカードと暗証番号のメモの入ったすり替えられた封筒を渡され、2~3日開けずにしまっておくよう言われる。
犯人は、すぐに確認の電話が来るので、電話の前で待つよう言われる。

③すぐに電話があり、30分くらい話す。
(この間にATMから限度額を引出される。)
 全てが終わって、家族と話した時に警察の人からの電話といっても本当にその人がいるか、電話で確認したほうが良いという、説得に応じ、警察に電話をしたところそんな人はいないといわ れ、これまでのいきさつを話す。
 そして、先ほどの封筒を開けたときに、別のポイントカードと折りたたんでいる紙が入っていたことに愕然として、だまされたと気付いたそうです。
 完全に信用していたそうです! 疑わなかったと!
 すぐに、全部の銀行に電話して凍結しましたが、それぞれ限度額の50万は引き出されていました。
 2~3日 気が付かずにいたら、その2倍も3倍も引き出されていました。
 不幸中の幸いだったと思います。

*船橋市は県内ワースト1といわれるほど、電話で詐欺の被害にあっています。
 ご相談いただいた方もまじめでしっかりした方です。
 だからこそ、他人ごとではなく、自分事として捉えていただきたいと思います。

*船橋市では、詐欺被害防止のための電話機等購入費の一部を補助してくれています。
 65歳以上の方が対象です。
 令和2年2月21日までが申請期間です。
 詳細は、船橋市 市民安全推進課 市民防犯係 047-436-3110まで

犯行手口
警察官や金融機関職員等になりすまして被害者宅に電話をする。
「あなたの口座が犯罪に使用されているため、口座が使えなくなるためキャッシュカードを預かります。」等言った電話があり、暗証番号を聞きだす。
被害者自宅を訪問してキャッシュカードをだまし取る。
だまし取ったキャッシュカードで現金を引出す。


  • 藤川ひろ子(船橋市議会議員)
  • 船橋市議会議員

  • 電 話
    047(463)5185

  • 略 歴
    1959年 東京都葛飾区生まれ。
    15歳の時に千葉県花見川区へ。
    2007年 船橋市議会議員 初当選。

    元幼稚園教論。幼児教室の開催など幼児教育に携わってきました。子どもたちの未来のために、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

    市民相談 2,400件。

  • プロフィール詳細

    お問い合わせはこちらから

  • お問合せ・ご意見・ご感想

▲ ページの上部へ戻る